とびゆく鳥の斜傾運動-クリナメン-

作者 葎織 蓮丞

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全40話

更新

  1. ▽真夜中。とある一室。俺は一枚のヴェールを潜る。
  2. 1羽
  3. △早朝。とある道路。俺は墨と血の汚水を潜る。
  4. 2羽
  5. 3羽
  6. 4羽
  7. 5羽
  8. 6羽
  9. 7羽
  10. ▽夜。とある荒地。俺は血とオーロラのパンティーを潜る。
  11. 8羽
  12. 9羽
  13. 10羽
  14. 11羽
  15. 12羽
  16. 13羽
  17. △常闇。とある道路。俺は血と光の精を潜る。
  18. 14羽
  19. 15羽
  20. 16羽
  21. ▽今宵。とある浸水する一室。俺はメイドの微笑を求めてヴェールを潜る。
  22. 17羽
  23. 18羽
  24. 19羽
  25. 20羽
  26. 21羽
  27. △不明。とある独房。俺はメイドの尿を潜る。
  28. 22羽
  29. 23羽
  30. 24羽
  31. 25羽
  32. 26羽
  33. 27羽
  34. △夕暮れ。グラウンド・ゼロ。少女の瞳は漿膜を被る俺を写す。
  35. 28羽
  36. 29羽
  37. ▽深夜。とある一室。俺は烏の濡れ羽色したヴェールを潜る。
  38. 30羽
  39. 31羽
  40. 32羽
  41. 33羽
  42. △午后。とある道路。俺はバスの陽炎めくガスを潜る。
  43. 34羽
  44. 35羽
  45. 36羽
  46. 37羽
  47. 38羽
  48. △月夜。とある城。俺は門を潜って。
  49. 39羽
  50. 40羽