同じお題で二つの話

作者 夏野けい

7

4人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

花は散るから美しく、人は死ぬから美しい。
しかしその美しさには、どことない不気味さが混在するもの。美という一つの概念だけでは、人は納得しないでしょう。
いつ訪れるか分からないような明るい未来に、全ての答えがあるかは分かりませんが、今は、普段の日常にある幸せと妹さんの未来の幸せを願うばかりです。
1作目と2作目の温度差からも、色々と考えてしまいます。
「桜」が不気味なものと思われている事には驚いてしまいました(笑)私の名前に入っているもので。