女騎士が俺のファンタジー小説を監修してくれるらしい。

作者 角増エル

41

16人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

執筆活動に行き詰まっていた主人公・シエロこと江口は、適当な魔法陣から女騎士・ソードを召喚してしまい、彼女の監修の下、リアルなファンタジー小説を書こうと目論むのだが――と、始まりからいきなり飛ばしてきます!

勢いある設定もさることながら、江口の苦悩する姿に自らを重ねて『もうやめて、私のライフはゼロよ……』と胸が痛くなりました。

丁寧な描写は心情だけに留まらず、ソードの語る魔法についてや異世界についての記述もリアリティがあり、なるほど、と思わず感嘆の声を漏らすことも。

バイト先の後輩の女の子はひたすら可愛く、ライバルの作者は素晴らしく変態、また担当の女性編集者の持つ秘密に大いに驚かされたりと、登場人物全員が味のある魅力を放っていて、どこまでも目が離せない展開が続きます。

そして江口が行き着いた『小説を執筆するのに大切なものとは何か』という問いへの答え。


悩んで笑って、笑って苦しんで、苦しんで笑って成長していく江口と共に、皆様も『創作する自分』に向き合ってみませんか?


私も魔法陣を描いてみたくなりました!
でも『えっちな目をしたドラゴン』が出てきたら怖いので、躊躇っています……。

★★★ Excellent!!!

 書けない、人気が出ないなど、スランプに陥った時、この小説を読んでみましょう。
 特に、作品をエタらせた人。
 ものすごい勢いで気分が回復する内容が書かれています。
 この作品のテーマは明快で、小説の体裁を取ってはいますが、全ての小説家に、否、小説に限らず何かを生み出そうとするクリエイターに対する応援のメッセージなのです。

★★★ Excellent!!!

デビュー作はヒットしたもののその後は鳴かず飛ばずで、不遇をかこつシエロ先生こと江口耕介。そんな彼は、適当に描いた魔法陣から異世界の女騎士を召喚してしまう――!!

ここまでなら、ちょっと毛色が変わった現代ファンタジーライトノベルです。しかし、召喚された女騎士ソードは私たちが抱くファンタジーの姿を見事にぶち壊してくれます。明らかになる真実は非常に残念で……面白い。大切なことだから二度繰り返します。面白いです。

と、ここまでなら非常に毛色が変わった、かつ非常に面白いライトノベルですが、この物語の真価は既存のものとは着眼点が違うファンタジー要素にあるのではありません。

周りを意識するあまり、テンプレ量産機になっていた主人公。彼が喪失していた物語を創る喜びを取り戻す過程に、はっと息を呑み我が姿を重ねない物書きなどいるのでしょうか?

面白い物語を生み出すのに本当に大切なものは知識でも、技術でもない。本当に最も大切なのは――それはシエロ先生の成長を読了すれば、自ずから理解できるでしょう。

★★★ Excellent!!!

ライトノベル作家。
誰もが魅了して、ぜひともなりたいという方もおりましょう。しかし当然ながらその道は険しい!

そんな訳で打ち切りにあって困り果てている〈シエロ〉こと江口耕介ですが、そんな時に偶然にも女性騎士であるソードさんを召喚させてしまう。

ソードさんの体験談を元にファンタジー小説を描こうという物語ですが、それがまた面白い! スライムの意外な真実だったり、ドラゴンの嫌すぎる生態だったりと、思わずクスリとしてしまう体験談が盛り沢山!

ぜひともそんなファンタジー小説を読んでみたいと思いたくなります(笑)。外にも個性あり過ぎるな登場キャラや思わぬ真実など、ストーリーを飽きさせないようにしています。

小説家と女性騎士の物語、目が離せません!!

★★★ Excellent!!!

ファンタジー物の小説を書いている身として、この作品は書籍化という終着点にしてスタートラインから始まるつらさを確りと表現出来ていると思います。まぁ、私は書籍化出来てないんですけど。

特に一度ファンタジー作品で書籍化している者からすれば、作中で編集者から言われる言葉は相当刺さるかと。おまけに前作との比較、作家としての力、『小説家』としての能力が上がっていても、劣化した『センス』。これを突かれては心が痛い痛い(自傷)。
その辺りのリアリティもコメディタッチながらも表現されているので、私は好きです。

作品のストーリーもありきたりな異世界転生などではなく、この現代において不慮の出来事でやって来た女騎士から別世界の知識を輸入してファンタジー作家としての再起を図る努力とリアルの交差が見所の作品ですねぇ!

自分の書きたいジャンルで作家になりたいと考えている方には是非とも一読を推奨します。
私も頑張らねば。

★★★ Excellent!!!

そうか、召喚すればよかったのか……
おそらく全国のファンタジー書きがそう思うはず(笑)

適当に召喚されてしまった女騎士から明かされる衝撃(笑撃?)の事実に、笑いとワクワクが止まりません!
これから二人はどうなってしまうのか……続きが楽しみです。

……と、いうようなレビューを書かせていただいたのがまだ序盤の頃でした。
完結に伴い、追記させていただきます。

いやこれは……熱い!!とてもアツい、小説書きによる小説書きのための小説愛に溢れた小説です。
その思い、その熱意、読めば読むほどこの胸に押し寄せてくるっ!!
そして気づくのです。
ああ、私、やっぱり小説書くの好きなんだ、と。

すべての小説書きさんに、読んでもらいたい。
そして思い出してもらいたい。
……何を?とお思いになるでしょうが、それはご自身の目でお確かめください。
いや、確かめるべきだ!!
そしてともに叫びましょう!!
あなたの小説への愛を!!!!

★★ Very Good!!

 おっと、一言紹介がついつい、といったところに焦点をあてた形になってしまったが、決して「恨みマシマシ気持ちカラメ」ではなく、愛情ゆえであるということをまず主張してから、レビューに入りたい。
 軽快なテンポで進んでいく一人称視点。一発屋となってしまった若手小説家である主人公が、どのような形で「監修」されるのか。物語はまだ序盤だが、その好奇心がどんどんページを捲らせていく。いや、まだ二話までしか更新されていないのだけど。続きを早くみたいと思わせる魅力を持っているだろう(待ってます)。
 ちょっとドキドキしながら更新を待ちたいそこのあなた、むしろ目があったそこのあなた! この作品、読むしかない。