【お盆特別小説】あんたを絶対呪い殺してやるっ!!

作者 深海 映

31

11人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ブラックな笑いと、正統派なホラーがフュージョンした最高の物語です。

しかし、どんな怪奇よりも生身の人間が一番可笑しく、恐ろしい。
そんな二律背反に引き込まれて、ついつい一気読みしてしまいました。

素晴らしく、そしてヤバイお話を本当にありがとうございます。

★★ Very Good!!

これはひどい……。

ホラー風の設定ではじまり一話のオチはわりと簡単に読めてしまうのですが、二話から衝撃の展開が怒涛のいきおいで押し寄せてきます。ホラーじゃないです、これ。スプラッタやコメディーともちがうし……13周くらい回って逆に怖くなってくるかんじのホラー(?)です。

ぼくは個人的に幽霊よりも妖怪よりも人間がいちばん怖いと思っているのですが、ここまで怖い人間というのもなかなかいないなぁ、と。
とまれ、暑い夏の夜にいろいろな意味で涼しくなれること請け合いです。

★★★ Excellent!!!

まず、めっちゃ笑えます! 
ぜんぜん怖くないです。
主人公の人間性のほうが怖くて、幽霊のほうがかわいそうだし、かわいいです。そんな、霊感のないサイコパスな主人公の一人称で物語が進むので、ホラーや怪談が苦手な人も安心して読み進められます。

しかし、最後の最後でヒヤリとする話が……そして、作者からの挑戦状的なものがあり、もう一度一から読み返したくなる仕掛けも用意されています。

色々と味わい深い世にも奇妙なサイコメを夏の間にどうぞ!!

★★★ Excellent!!!

ホラーとギャグが入り混じるライトなテイストの短編集です。

主人公の寺嶋(寺生まれ)は、全く霊感がないという一見普通の大学生。彼はどんな心霊スポットも全然怖くなどないと豪語して憚らないのですが……。

いやいや、お前が一番怖いよ! 怖いって言うかヤバいよ!
幽霊よりも人間の方が怖いとかいうレベルじゃないよこれ! コワい!
彼の周囲に現れた幽霊のみなさんの心情は察するに余りあるものがあります。

怖山、友人は選んで!
サヤちゃん、情に流されちゃだめだ! 気を確かに持って!

ある意味衝撃の展開の連続が読者を迎え撃ちます。
おススメです!

★★★ Excellent!!!

とりあえず、読もう(๑•̀ㅂ•́)و✧

主人公の寺島くんの鈍感ぷりに、笑っていたら、すぐに衝撃の展開の連続!!!
いや、お前が怖いんだよ!!!と、主人公にツッコミいれたことも、何度もあります。

ホラーです。ギャグやコメディテイストな感じで読んだ後、我に返ってはいけません。ホラーですから。

衝撃の展開の連続の後にやって来る、衝撃すぎるラスト!!!
読み終わった後に残ったのは、不吉な余韻。あの後、主人公たちは?あの男の正体は???

結局、げに恐ろしきは、なんだったのでしょうか?