第37話 逆はダメなんだね

「あのね、たまに2人で遭うときくらいは、普通の食事をしたいと思ってる」

「うん…量がさ…多いんだよ」

「でも、アレもコレもってなっちゃうよ…普段はお菓子ばっかり食べてる」

「うん…普段、普通に食事して、僕と逢うときはお菓子だけとかにならないかな?」


無言で僕を見ながら、首を横にフルフルと振る彼女。

(ダメなのか…)


「コレ食べて…」

「うん、後でね」

「コンビニ行くまでに食べて」

(僕の都合なんて、一切無いんだな)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます