8/8 蕎麦

蕎麦が食べたい。

美味い蕎麦が食べたい。


そう思いながら蕎麦屋を求めて商店街を探して回るが、どこもうどんのついでに蕎麦を出している店ばかりで、中々蕎麦専門の店が見つからない。

うどん屋だからと言っても蕎麦は片手間の手抜きではないのだろうが、どうせ美味い蕎麦を食べるのならば蕎麦専門の店に行きたいと思う。

あれもこれも手を出している店よりかは、一つの商品に絞った店のほうが美味いような気がするのだ。


しかし、探せども探せども蕎麦屋は無い。

ビーフンやフォーや沖縄そばや担々麺の店はあるのに、蕎麦屋が無いというのは中々に珍しい商店街なのでは無いだろうか。

多国籍になりすぎて肝心の自国籍の料理が抜けている。

中部地方は北に蕎麦の有名どころがあるからか?

しかし、それでも商店街になら一軒や二軒ぐらい蕎麦屋があってもいいだろう。

北の端まで来てしまったが、うどん屋が五軒程あっただけだ。


ううむ、これは妥協して蕎麦も出しているうどん屋で済ませるべきか?

いや、しかし、でもなぁ……うどんが美味いからと言っても蕎麦も美味いとは限らないので、その判断は難しい。


飽くまでも個人的な判断だが、うどんと蕎麦の美味さの力関係は


美味い蕎麦 >>> 美味いうどん > 美味くないうどん >>> 美味くない蕎麦


だと思っており、下手に美味くない蕎麦を頼んでしまうと(うどんを頼んでおけば良かった……)と後悔してしまうのだ。


うどんは水と塩の加減さえ間違えなければ最低限食べられる味になるが、蕎麦はこね片が悪いとぼそぼそとした食感になって食べるのも嫌になる。

だからこそ、失敗すると全部駄目になる蕎麦専門の店が少なく、ある程度失敗しても問題の少ないうどんも併用して出している店ばかりなのだろう。


中々に由々しき問題だ。


これはもう、自分で蕎麦を打てるようになるべきなのだろうか?

だが、蕎麦打ちは働くことに疲れた40代の中年が人生の転換として選ぶ趣味なので、私にはまだまだ早い。

少し前に流行った脱サラしてラーメン屋を始める中年が多かった事の元祖のような物だ。

実際に食べられる味の物を出していても、経営が下手で半年で潰れてしまう類型だな。


まあ、今はその類型の蕎麦屋でもいいからどこかにあって欲しいんだが……

駄目だな。西の端まで来たが、やはり蕎麦専門の店は無い。


仕方ない。下手にうどん屋で蕎麦を頼むのも嫌なので、ここは少々高い蕎麦の乾麺を茹でて食べるとするか。

麺つゆは自家製で良いのを作ってあるのだ。後は海老の天麩羅と大根おろしだけ用意すれば良い。

さ、そうと決まれば高級住宅街にある少し高めのスーパーへ行こう。

あそこならお中元に出すような物もバラで売っているはずだ。

今日の所はそれで我慢して、また今度美味い蕎麦屋を探しに行こう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

機能をオンにすると、画面の下部をタップする度に自動的にスクロールして読み進められます。

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!