ぼくの可愛い破壊神 

作者 海野ハル

140

52人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

穏やかな主人公の視点そのもののような描き方で、世界を楽しめます。
そして主人公の穏やかな優しさ、友人の熱い優しさ……
ちらっと描かれるその思いの深さを伺わせる過去、何があったのかとても気になりました。
また、「優しい魔法」の意味が分かってからは、タイトルの理由が余計に知りたくなりました。
続きを楽しみにしています。

★★★ Excellent!!!

――

ファンタジーにも色々なものがありますが、この作品に感じるのは子供の頃に読んだ上質な童話のような空気感です。
世界観に独特の暖かみがあり、登場人物にも嫌な人物がいません。
主人公の持つ魔法の性質がまた独特で、派手な効果も周囲を圧倒する力も持っていないのにこの世界に惹き込む効果を持っています。
心地よい雰囲気に浸りたい方におすすめです。

★★★ Excellent!!!

――

 恥ずかしながらじぶんも小説を書くもので、じぶんが小説を書く時に一番重要視しているのは空気感なのですが、空気感というのは直接に書いてみせてもダメでふんわりと立ち昇ってくる類のものだからディティールにこそ宿るので、空気感にこだわるととかく冗長になりやすいものなのですが、謎の大型新人海野ハル三さんの本作は一文が短く描写は簡潔でありながらも早々にふんわりと優しくて、それでいてどこか寂しいような懐かしい感じのするような暖かい空気感を醸造していて、ちょっとどこに起因するものなのか分析しきれていません。物語はまだ序盤もいいところで特にこれといって大きな出来事も起きていないのですがなぜだか読まされるのは、外国語で書かれたファンタジーを日本語に翻訳した時に発生するような独特の奇妙なおかしみが文体にあるからでしょうか。
 今後の更新にも注視していきたい作品です。