最終話

「おはよー……お……」


 私が教室に入ると、普段会話をしない男子が挨拶をしてきた。目を見開いて凝視されると、さすがの私も気恥ずかしくなってしまう。


「おはよう、佐藤くん」


 そう言って彼の横を通り過ぎた。


 教室中の視線が痛い。それも仕方ないか。


 カバンを机の横に引っ掛けてイスに座った。必要な教科書とノートを引き出しに入れて、いつものように読書を始めた。


「ねね、ちょっといい?」


 と、クラスの女子が話しかけてきた。確か名前は日比谷さん。日比谷さんの後ろには別の女子が二人。美濃さんと片山さんだ。


「ちょっとでなくてもいいわ。なに?」


 視線を右往左往させて、手を揉んでいた。ツバを飲んだのか、喉が動くのが見えた。


「あのね、どうしたのかなって、それ」


 日比谷さんが私の頭を指差した。


「ああ、これ?」


 私は毛先を指で弄ぶ。けれど今までようにはいかなくて、ただただ頭を掻いているように見えてしまうだろう。


「切ったのよ?」

「切ったのよって……今までずっと長かったのに?」

「そう、イメチェン、ってやつかしらね」

「イメチェンにしては切りすぎのような気が……」


 腰元まであった長い髪の毛。サラサラとした肌触りとツヤツヤとした毛質は、私の数少ない自慢だった。


「そうね、切りすぎかもね。でもいろいろ考えたの。むしろずっと考えてた。昨日ようやく結論が出て、こうしようって思ったの」

「ふーん、でもそういうのも悪くないね。今までちょっと近寄り難い感じだったけど、さっぱりしたせいか話しかけやすくなった」

「そう言ってもらえるとありがたいわ。私も、もっとみんなと喋ってみたいと思ってたの。でも私は趣味も読書くらいしかないし、楽しい話もできないかもしれない。それでも、少しでもお喋りがしたいの」


 前に進まなくてはいけない。これが私の答えだ。今までの私は捨てないように、けれど新しい自分を探す。


「問題ないって。趣味とかそういうのは人それぞれじゃん。じゃあさ、私の趣味知ってる?」

「正直、想像もつかないわ」

「お菓子作りよ、お菓子作り。で、美濃はサバゲーで片山は写真。私たちって結構一緒にいるけど趣味はバラバラなのよ。でも美濃も片山も私のお菓子食べてくれるし、美濃にサバゲーに連れてかれることもある。写真を取るためだけに片山と一緒に海に行くことだってあった。そういうものでしょ? だから気にしなくてもいいんだ」


 ああ、会話をしているのが彼女でよかったなと、心から思った。


「今まで友達と呼べるような人はいなかった。そんな私だけど、少しだけ付き合ってもらえるかしら」

「面白い言い方するね。じゃあちょっとだけ付き合ってから友達にでもなろうか」

「ええ、よろしくお願いするわ」

「よろしくね、宮前さん」


 差し出された手を握った。柔らかく、温かかった。


 それからホームルームが始まった。私は窓の外を見た。正確には窓ガラスに映った自分の姿だ。不釣り合いなショートカットに、思わず吹き出してしまいそうになった。


 昨日髪を切って鏡を見たときも笑ってしまった。


 私は一縷に恋をしていた。私だけを見て欲しい、私の傍にいて欲しいとずっと思ってた。だけど、どこかで決別しなければと思う私も存在していた。


 すべて、一縷が変えてくれたのだ。彼が彼女を作って、私の決意を固めてくれた。


 でも一縷に対しての気持ちが完全に消えたわけじゃない。だから、一つだけ白石叶重に勝ちたいと思った。


 きっと彼女も一縷が全国で優勝することを夢見ている。十四センチという壁を超えて欲しいと願っている。だから私は十五センチ、前に進んで欲しいと願った。願掛けのつもりで髪の毛を十五センチにした。自分で切ったから少しだけ不格好になってしまったが、こうみると問題なさそうだ。


 一縷の一番傍にいるのは私だ。それは幼馴染みという立場だからではない。


 三年前まで幼馴染みだった海堂響子かいどうきょうこは、三年前に宮前響子みやまえきょうこになった。私と一縷は、そこからただの幼馴染みではなくなってしまった。


 私が生まれてすぐに、私の母が亡くなった。


 一縷が生まれてすぐに、彼の父がなくなった。


 そして三年前、私の父と一縷の母が婚約した。


 一年違いで生まれ、同じ境遇を味わってきた私たちは、お互いのことをよく知り、よく理解していたはずだ。しかし、知っていても、わかっていても、越えてはならない一線が出来てしまった。


 一縷は私の気持ちに気付いていたんだと思うから。私は彼の気持ちを尊重する。私は彼が好きで、姉だから。


 切なさと憧憬を抱えて、ようやく私は姉になれる。


「おーい、響子ー」

「なに、一縷」


 昇降口を出るときに一縷に声をかけられた。


 彼の方を見ると、一縷と叶重が手を繋いでいた。


 胸が痛い。いつか、この痛みが思い出に変えられるように、私はここから歩き出す。新しい自分と一緒に歩き出す。


 いつか笑い話になればいいと、私は彼と彼女に向かって走り出した。





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

私とアナタの15センチ 絢野悠 @harukaayano

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ