第376話 キスしなさい!

「そ、それは……。」

「何よ!意気地(いくじ)なし。

 柔らかな胸を密着させてきた。

「う、う……。」

 小さく呻いてしまった。

「キスしなさい!」

「え?」

「度胸試(ため)しよ!」

「そんな……。」

「何よ!キスも出来ないの。

だから、いつまで経っても

童貞ボーイなのよ。」





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます