第323話

「当然、学校は、

中退(バック)れて、さぁ。

初めのウチは、面白かったンだ。

ラブホに泊って、毎日、朝から

晩まで、愛し合って、さぁ。」


「そりゃぁ、」

 羨(うらや)ましいと、言う

か。自堕落と言うか。


「うッフフ。」

 エリカが誘うような視線で

見詰めた。

 ボクの股間は熱くなって、

いつでもテイクオフできそうだ。


「けど、すぐに、金が底ついて、

しょ~がなく、年齢(とし)、

誤魔化して、ホステスやって、

さぁ。」

「はぁ・・・。」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます