第66話:シンジ

 昼間、病院、4階の病室。

 シンジという少年が昏睡状態で眠っていた。


 アリスが来て、花瓶の花を換えていった。


「シンジくん・・・」

アリスはシンジの頭を撫でながら

「早く起きて・・

またトランプしましょう・・・」

 と囁(ささや)いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます