第52話

クラブ内はラップの大音響が響いていた。胃の奥まで響くようだ。

オレの周りは陽気にパーティ気分。

オレだけ、全くの蚊帳(かや)の外。

そこへ、愛梨と飯野が入店してきてビックリする。

「あ、ボーイじゃん。」

「あ、愛梨さん・・・」こんなトコで会いたくなかった。

「フフン」と飯野。「何だ。今日は父兄同伴か。」上から目線。

「別に・・・」お前らのせいで、オレの大学生蛞は無茶苦茶だよ・・・・

「社会見学でもしに来たのか。」

そんなんじゃ・・・

「子供は、ママのスカートの下にでも、かくれんぼしてなさい。」愛梨がバカにしたように、

「そ・・・」オレは、何も言い返せなかった。







  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます