2 犬のしつけ

 隙間なく立ち並ぶ家いえの列の間を、まっすぐに、時に蛇のようにうねりながら走る道。敷き詰められた石の上には、どこからやってきたのか、あふれんばかりの人々がひしめきあっていた。軽く通りを歩くだけで、いろんな声を、においを、色を受け取る。華やかさを閉じ込めた箱庭は、今日もまた変わらず、王国各地の人々を迎え入れては抱いていた。雪に似て白い肌に、氷海の瞳、すっと高い鼻と鋭い目をあわせもった少年は、その箱庭の中にあって、明らかに異質な空気を振りまいていた。道行く人が時折ぎょっと振り返る程度には浮いている。

 木彫り細工を売る浅黒い肌の男が、大声で話しかけてくる。けれども少年、ロトは、それを無視して歩を進めた。その後も続く、ありとあらゆる声がけに、眉ひとつ動かさない。都合よく、言葉のわからない外国人のふりをして、通りすぎた。

 熱をまとった風が吹き抜ける。見慣れぬ紫色の衣をまとった女たちが、複雑に編みこんだ黒髪を揺らしながら、歩いてゆく。独特の香にひきつけられたロトは、顔をしかめてかぶりを振ると、香りを追い払い、誘惑をはねのけた。

「なんだかな」

 呟く声を聞く者はない。声をのみこむざわめきは、少年をさらにいらだたせた。



     ※



「どうする? 試験、受けてみるか?」

 まっすぐな、刃のような問いかけに。ロトはつかのま固まった。すぐには言葉が出てこなかった。

 情報院。軍事機密から王族にまつわるものまで、ありとあらゆる『情報』を取り扱う機関。そのくらいはロトも知っている。そこに、『魔術部』と呼ばれるところがあって、魔術の研究などをしているということも。

 この国の人々は、ロトたち異邦の魔術師の知識を欲しがっている。おそらく、誰かは情報院に引き抜かれるだろうと、ロトもほかの仲間たちも思っていた。ただロトは、それが自分自身だとは予想していなかった。

「え……と。情報院の、それも魔術部の試験って、鬼のように難しいって、聞いたことあるんだけど。俺が受かるのか? そんなの」

「グランドルの人々からすれば『鬼のよう』だがな。君ならば問題ないだろう」

 ロトが苦し紛れに問いかけると、エレノアはからりと笑う。いつもの笑顔だ。しかし、どこか空虚な感じもする。ロトは、うなり声を漏らした。

「この大陸と、君たちの住んでいた大陸とでは、魔術師の質が違うんだ。魔力も、その知識の豊富さも、君たちが圧倒的に上だ。こちらの魔術師のほとんどは、むこうの大陸では無能扱いだろうな」

「だから問題ないって、言いたいのか?」

「君なら、な」

 同じ言葉を繰り返し、エレノアは不敵な笑みを刷く。真意の読めない瞳に見つめられ、ロトはついつい眉根を寄せた。

 目を閉じる。思考に深くもぐった彼は、いくつかのものを天秤にかけてみる。それは損益だったかもしれない。あるいは矜持きょうじとも呼べる感情だったかもしれない。けれどそうして考えてみたところで、少年ひとりがはじき出せる答えは限られていた。

 ロトはため息をつくと、机の天板をてのひらで叩いた。

「ちょっと、考える」

 言うなりロトは立ち上がる。扉の方へつま先を向ける。それからふと、振り返ってみれば、エレノアは笑っていた。

「そうか。……そうだな、しっかり悩め」

 エレノアは怒らなかった。それどころか、ほっとしているようにも見える。ロトは舌打ちをこらえて、准将に背を向けた。

「どこかへ行くのか?」

「王都の大通り。気分転換に」

「ひとりでか?」

「悪い?」

 ロトは、案ずる声を叩き斬るように問い返す。エレノアの顔は、見えない。ただ、相手が肩をすくめたような気がした。

「いや――気をつけて」

 彼女はきっと、ロトが図書室から出るまでその場を動かなかった。走り去る彼の背中を見送りながらも、何も言わなかった。それは彼にとって、ありがたくもあり、心地の悪いことでもあった。

 本を棚に戻すのを忘れたことに、扉を閉めてから気がついた。が、今さら中へ戻る気にもならず、ロトはそのまま廊下を駆けた。



     ※



「だいたい、おかしいだろ」

 喧騒の中。誰に向けるでもなく、ロトはひとりごつ。

「なんで、こんなガキを。しかも海のむこうから来た異民族を。国の情報機関に入れようなんて話になってんだ。意味わかんねえ。絶対なんかある。ぜったい、じじいどもの差し金だ」

 不審を並べ立てる声は、ささやきのように小さい。おかげで、通りすぎる誰にも聞かれずに済んでいる。

 情報院へ推薦することじたい、『じじいども』ではなくジルフィード本人の提案であることをのぞけば、彼の言葉は的確に、推薦の裏事情を言いあてていた。が、もちろん、当の本人がそんなことを知るはずもなく。もやにも熱にも似たいらだちを抱えながら、石畳を蹴って歩く。

 ざわめきに混じる不自然な音を聞いたのは、通りの幅が少し広くなった、と感じたときだった。さざめきのような声も、不安をまとったものに変わる。足を止めたロトがあたりを見回せば、人々はこわごわと身をひいて、ある一点を見つめていた。

 また、不自然な音がする。ロトはその正体に気づくと、首をかしげた。

「……犬?」

 少しだけ、近づいてみると、わかる。それは、犬の吠え声と爪が石畳をひっかく音、そして人の情けない声――「待ってよ、頼むからあ!」というような言葉がえんえん繰り返されている――が重なった音だった。だいたいの事情を察したロトは、おおげさに息を吐くと、身をひねって、小さな人だかりをくぐり抜けた。

 白い獣が走っている。三角形にほど近い耳をひょこひょこ揺らし、豊かな尾をふさりふさりと振るさまは、無邪気でかわいらしいとすら思える。しかし、小さな獣の勢いたるや凄まじく、進路上にいる人々が思わず飛びのくほどだった。これで、所有を意味する首輪がなければ、『処分』されても文句はいえなかったろう。しかし、今回は所有者がはっきりしている。小さな白い獣――子犬――よりかなり遅れて走る、痩せた黒髪の男。衣は質素な薄青色だが、かなり上質できれいにされている。そもそも犬の飼い主という時点で、金持ちなのは間違いない。ロトは思わず舌打ちした。

「かわいい……」「けど、あれ、止めた方がいいの?」などとささやきあっていた町娘たちが、ふっと横を見る。彼女らの驚きの視線を無視して、ロトは白い犬の前に踏みだした。犬は、甲高い声を上げる。警戒しているというよりは、単に嬉しくて興奮しているふうだった。その犬の頭を、軽く手で押さえる。

「待て!」

 ざわつく街が動きを止めるほど、鋭い声がほとばしった。それでも犬は収まらない。ロトはもう一度、待て、と命じた。今度はいくぶんか鋭く低い声で。

 シェルバ人特有の鋭い目が細められる。深海の青が稲妻に似た光を宿す。犬はひるんだように体を震わせ、それからするりと前足を地面に下ろした。

「座れ」

 少年が短く言うと、白い子犬は見本のようにきれいな『おすわり』を披露した。あたりから、感嘆の声がこぼれる。同時に、ロトはしかめていた顔をふっと緩め、子犬の頭を、そして顎のあたりをくりくりとなでまわした。犬は、喉を鳴らして、石畳を尻尾で叩く。

 凍りついていた街が動きだした。そこへ、息を切らした飼い主が追いついてきた。

「しょ……少年、すごいね! ありがとう!」

 ぜえぜえ言いながら声をかけてきたその男を、ロトはぎろりとにらみつけ、

「犬を飼うなら、責任持ってしつけしろ!」

 怒声を投げつけた。男は殴られたあとのようによろめくと、「は、はい!」と、情けない声をしぼりだす。

 ロトが、グランドル王国に来てはじめて、他人を本気で叱った瞬間であった。


「いいか。犬ってのは、人間をよく見てる。そして順位をつけるんだ。今、あんたは間違いなく、この犬に『自分より下』に見られてる。つまり飼い主でなく、下僕と思われてるわけだな。だからあんたの言うことをぜんぜんきかない。このままだとあんた、犬が死ぬまで下僕のまんまだ。こいつは子どもだから、今からしつけしなおせば、まだ間に合うと思う」

「は、はい。頑張ります」

「しつけるときは厳しく、そんで、言うことを聞いたあとはたくさん褒めてやるんだ。あめむちの使い分けってやつだな。これが大事だ。うまくいったら、犬は『いいことをしたら褒めてもらえる』って、覚えてくる」

 白い犬が駆け抜けた通りの、ある民家の軒先。ロトはそこに飼い犬と飼い主を座らせて、「犬をいかにしてしつけるか」ということを、長らく男に語り聞かせていた。もともとすなおな性格なのだろう。男は、ロトのような子どもの言うことにも真剣な顔で耳を傾けていた。ひととおりをロトが話し終えると、彼は深くうなずいた。

「君、詳しいんだねえ」

「……家に、猟犬がいたから」

「へえ。猟犬と飼い犬じゃ、勝手が違うんじゃない?」

「でも、基本は一緒だよ」

 顔をそむけたロトは、そっけなくこぼす。目の前で尻尾を振る子犬とは反対の、黒い猟犬の残像から目をそらす。彼の感傷に気づくはずのない男は、「そうかあ。そうだよねえ」と、またうなずいていた。それから、子犬の頭をぐりぐりなでる。

「ありがとう。頑張ってみるよ。この子とはいい関係を築きたいから」

 ロトは、がんばれ、と平たんな声を投げつけた。しかし、「王都に出てきた僕の、数少ない癒しだからなあ」という言葉に、思わず振り返った。

「……あんた、王都の人じゃないの?」

 すると男は、犬をなでる手を止める。

「まあね。先月、ヴェローネルから出てきたばかりなんだ」

「ヴェローネル」

「知らない? 西の大きな街だよ。大学やいろんな教育機関が集まっていて、学術都市なんて呼ばれてる」

 ロトは、無意識のうちに身を乗り出していた。学術都市、という言葉に、無愛想な瞳が吸い寄せられる。それは知を追い求める魔術師にとって、ひどく甘美な響きに思えた。

 少年が興味を抱いていることに気づいたのか、男は子犬を膝にのせると、ゆっくり語りだした。

「出てきた僕が言っても説得力がないかもしれないけどさ。いい場所だよ。ほどよく便利で、騒がしすぎず、何よりいろんな知識が得られる。図書館を自由に使わせてくれる大学や学校が多いからね。そんな街だから、外の国の人も多いんじゃないかな」

 へえ、と、深く相槌を打った。ロト自身は、そのことにすら気づかないほど、真剣に男の話を聞いていた。

 知識が得られて、外国人がまぎれこめる街。

『魔女の呪い』の研究をしたいロトや彼の幼馴染にとって、最高の場所かもしれない。自分の考えにひたりかけていたロトは、けれど、ふと顔を上げた。

「なんで、あんたはそのヴェローネルから出てきたの?」

 浮かんだ疑問を率直にぶつけると、男はほほ笑んだまま「仕事の都合でね」と、呟いた。

「出世は出世なんだよ。喜ぶべきなんだけどさあ。愛すべき学問の都から、友達から、引き離されて。寂しいったらありゃしないってのー」

 ロトの問いかけが男の琴線きんせんに触れたのか。彼は子どものように愚痴をこぼすと、子犬の毛に頬をすりつける。少しうっとうしそうにする犬を見やって、ロトはため息をついた。

「じゃあなおさら、そいつは大切にしてやんなよ。ただし、甘やかしすぎないこと」

 そうだね、ありがとう――と。犬から顔を離した男は、晴れやかな顔でお辞儀をした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!