永遠の白虹~秦国に生きた二人の青年~

作者 結愛みりか

描写力に驚き

  • ★★★ Excellent!!!

 まだ途中ですので、レビューを書くか悩みました。
ですが、今、感じている驚きを書いておこうと思いましたので。

 「表現・描写が凄い」と評価されてる作品を自分の勉強のためにいくつも読んできました。中には「評価に偽りなし」な作品もありましたが、個人的にはこの作品ほど驚いた作品はありませんでした。
 (もちろん私が読んでいないだけで素晴らしい作品はまだまだあるのでしょうが)

 人物の感情、状況などが豊かに描かれてるだけでなく、とにかくテンポが良いのです。テンポ良く読めるから、頭の中にスゥッと内容も入ってくる。
 豊かでありながらテンポが良い表現力にとにかく脱帽。

 ああ、こういう小説は私にはきっと書けない。
 この作者さんと同じ舞台、カクヨムに自分の作品を投稿するのが恥ずかしいと感じてしまいました。

 第一譚を読み終えたところなので、小説全体への感想は書けませんが、白起と范雎のキャライメージを読者に押しつけがましくなくやんわりと掴ませるのに成功しているところも感心してしまいました。

 完結してる作品なので、結末を心配しなくていいところもありがたいです。

 書籍化されたら必ず購入する作品の個人的に現在筆頭の作品でした。
 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

湯煙さんの他のおすすめレビュー 325