ニート力学

作者 怪屋(あやや)

ニート×SFヒューマンドラマ

  • ★★★ Excellent!!!

主人公である勇が6年前にタイムリープする……といった話なのですが、最後の展開が本来のテンプレや読者の期待を裏切る結末で、人間という生き物を内面から深く描いた作品だと思いました。

主人公はニートで、そこから高校時代にタイムリープをします。
序盤は、2011年の懐かしい作品等が出てきて、主人公が自分の力について考察する姿が、とても興味深いのですが、次第に明かされる自分の能力と別世界の部族との関係性が、最後の展開に深くかかわってきます。

SF的な要素もあり、ヒューマンドラマのようなボリュームのある作品です。

私は時間的解釈をニートがしているから、ニート力学というタイトルなのか……と勝手に思い込んでいました。
作中にも登場するのですが、シュレーディンガーの猫のような解釈を主人公がしている所があって、量子力学楽しい的な……なんか、そういうものをイメージしていたのですが、最後の展開で、なんとなく、ニート力学というタイトルの意味も分かったような気がします。



主人子が思いを寄せる麻呂や、空しい存在であるクオリア、そして、主人公の妹である希海。それぞれが別の存在であるのに、主人公によって悲劇を迎えてしまうのが、この作品のテーマを引き立たせているようにも思えます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

こじらせた青さんの他のおすすめレビュー 23