86億のアダムとイブ~顔が二種類しか存在しなくなった、ふたりぼっちの世界~

作者 LUM

9

3人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

博士の薬が生み出した、人類全ての顔が同じになるという状況。顔という個性が消え、肌の色や顔の美醜などによる差別がなくなった。見た目という個性が消えた世界で、登場人物たちはどう生きていくのか……。

登場人物一人一人の過去や考えが良く作り込まれていると感じたよ。ストーリーにも説得力がある。読んでいる途中、人間ドラマを読んでいるのではないかと錯覚してしまうほど、内容が濃いんだ。
是非一度読んで、そして考えてほしい。自分が同じような状況に巻き込まれたらどう行動するかを。差別についても、考えさせられる内容だったよ

★★★ Excellent!!!

おもしろいっ。悩ましいほどおもしろい…!!
同じ顔という無個性に対して、キャラ達の背景や思考がリアルに展開していきます。
博士の狂気によってうみだされた平等と公平。
荒廃する世界で、それぞれのキャラがそれぞれの希望を見つけていく。
一人ひとりのキャラが丁寧に描かれていて、造詣が深く、意味があるものとして作られていて、とにかくキャラ作りに無駄がありません。
又、展開も説得力があり、気が付けばあっという間に読み進められる。本当におもしろいです!!
これはSFですが、間違いなく人間ドラマです。