「お主の疑問、相談に応えるぞよ」

作者 高叢阿斗

フォロー 1話目から読む