石楠花ハンナとサーモンブルーの夕方

作者 葎織 蓮丞

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全33話

更新

  1. Scenario1 「6月14日(月)」
  2. 第1話「俺は王子様に憧れていたんだった。いま捏造したばかりの記憶を思い出したよ」
  3. 第2話「転入生はド淫乱で、自家製のマヨネーズを所持しているとか」
  4. 第3話「おいおい、誰か怪談を言えっつったんだよ」
  5. 第4話「対人恐怖症ですか、あんたは。ニックネームなんてふつうだよ」
  6. 第5話「ハイエナみたいによだれダラダラハイテンションで」
  7. 第6話「なんだと、そんな悪口言うやつは、緊縛部に強制入部させるぞ」
  8. 第7話「えーパセリのことですかー? 食べませんよそんな苦いの」
  9. 第8話「ザ・青春ですよ! あれっ眩しいっ! 薔薇色で眩しいっ!」
  10. 第9話「最近そこの花屋に越してきたものです、いま一番したいことは、お引越しです」
  11. 第10話「これからも一人だ」
  12. Scenario2 「6月28日(金)」
  13. 第11話「さあ良い子のみんな! 友達登録のじかんだ!」
  14. 第12話「今夜でやめにするよ。前垣を呪い殺すおまじないを唱えるのを」
  15. 第13話「そんな緊縛家に僕は絶対なってやりますよ!」 「ああ、うん、頑張って」
  16. 第14話「絶滅したのにまだ笑わせるつもりかよ、石楠花ザウルス」
  17. 第15話「あんたは、場の空気を必ず荒らさないと移動できないハリケーンか何かか!」
  18. 第16話「……せーしゅん?」
  19. 第17話「そういうのマジでいいから。俺たちそういう季節マジで過ぎ去っていいから」
  20. 第18話「今のお前の顔見たら、奈良の大仏ですら指差し膝叩いて破顔するレベルだわ」
  21. 第19話「いつまでも小人のうちらが、尻尾振っているとは思わんといてくださいよ」
  22. 第20話「拾うな糞野郎。お前は道端に落ちているうんこを拾うのか?」
  23. 第21話「はなりん! 肉だ! 肉!」
  24. 第22話「友達は本当にはいないので、前垣は本当はいません。はい、死んでます」
  25. 第23話「帰る。帰る。帰る。ご馳走は諦めて帰るから、絶交しないでえ!」
  26. 第24話「おばけ怖いは、おばけ怖いです。そんなこと訊いてくるのはおばけ困ります」
  27. Scenario3 「6月29日(土)」
  28. 第25話「もーぅ遅すぎ! ハラペコリーターでまじ怒りザウルスなんですけどー?」
  29. 第26話「ええい! この美少女モンスターめ! 力ずくで倒して奪ってやる!」
  30. 第27話「言っとくけどな、星草の服の下は全裸やぞ!」 「なぜ言っておいた」
  31. 第28話「女郎花はどこかに失くした」
  32. Scenario4 「7月3日(火)」
  33. 第29話「罰として俺は、俺の髪の毛を毟り取るから、みんなでそれを食べてくれ」
  34. 第30話「俺の頭の中のインプラントが全力で叫んでるぅ!」
  35. 第31話「俺たちがさびしかったから、お前に纏わりついたんだ。キスしろよ」
  36. Scenario5 「7月5日(水)」
  37. 第32話「えーと、おまえはいまのままでも十分俺の彼女として通用すると思うぞ?」
  38. 第33話「これから二人で、象の背中に乗ろうね」