異邦人、ダンジョンに潜る。

作者 麻美ヒナギ

素晴らしい作品です! ですが長くなり過ぎました。

  • ★★ Very Good!!

長くなるのは悪いことではありませんが、一読者として物語の流れについて行けなくなりました。これは読者として読解力と根気の無さが、原因の大部分と思いますが、作者が今後どのように物語を展開するかがわかりにくくなっています。構成が破綻する事を恐れます。独善的とはいえませんが、もう少し傍系のストーリーを端折って頂ければ、読み続けられるかなと思いました。(2020年4月4日)

まず、Amazonプライムで電子書籍化された一巻から読み始めました。
続きが読みたく、カクヨムに掲載されていることを知り、連日深夜まで耽溺しております。
「指輪物語」と肩を並べると言うと、どちらにも失礼かもしれませんね。
この作品の壮大な世界観、伏線、魅力的な登場人物達に敬服しました。
異世界物語の全ての要素(料理まで)を取り込み、それぞれが他の追随を許さない出来上がりです。
物語の構成もさることながら、著者麻美ヒナギ氏の筆力に圧倒されました。
さすが、KADOKAWA!素晴らしい作品に目をつけました。
コミック版も出版され、いずれ映像化されると思いますが、ピーター・ジャクソンにお願いしたいなあ。
一読者の勝手な要望ですが、この作品の世界観を図示して頂きたい。
よろしくお願いします。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー