かすみ燃ゆ

作者 坂水

光り濡れる、女の物語

  • ★★★ Excellent!!!

その里では、恋をした女は光る。
しかし、かすみは「里の男」には光らず、忌み嫌われていた……。

すごい。
何がすごいって全部すごいんですよ。
山女、風習、伝説、地名に至るまで、よい。民俗学好きの私は心臓ぶち抜かれました(ズギューン)そして所々に小難しい言葉が並びます、なんだか読んでいるだけで自分が賢くなってきたような錯覚に陥ります、この現象をエヴァンゲリヲン効果と呼びます(呼ばない)

はじめは異類婚姻譚かと思いました。
そして「あれちがうんか、ちぇー」と思って読み進めると、やっぱりどうやら「ある意味異類婚姻譚」でありました。やったね!

かすみは闘う、「かすのみ」と嘲られながら、母の影に怯えながら、なんのため、夫のためか、自分のためか。人々の思惑と割り切れない思い。息が苦しい。えろい。やめて。素晴らしい。

読み終えるのが怖くてちびちび読んでいたのについに追いついてしまった。
どのようにこの物語を終えるのか、息をひそめて見守ります。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

本作は、古い日本の村落を思わせる「安是の里」を舞台にした愛憎劇です。安是の女は恋焦がれるとその身から光を放つ。さながら蛍のように。自らの意思とは関係なく、光ってしまう女たちの暮らす里ゆえに起きる悲喜… 続きを読む

みりあむさんの他のおすすめレビュー 36