かすみ燃ゆ

作者 坂水

「いい」小説

  • ★★★ Excellent!!!

昔誰かのエッセイで、志賀直哉の「城の崎にて」でこういう一文がある、と紹介されていました。

「いい色をしている」

「いい」は主観です。描写ではないのかもしれない。でも、「いい」としか表現できないものがあるんです。

この小説は「いい」小説です。
過不足なくそう思います。

あらすじやストーリーテリングについては他のレビュアーさんたちがとても的確に表現されています。

「いい」小説を、推薦します。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

★★★ Excellent!!!

本作は、古い日本の村落を思わせる「安是の里」を舞台にした愛憎劇です。安是の女は恋焦がれるとその身から光を放つ。さながら蛍のように。自らの意思とは関係なく、光ってしまう女たちの暮らす里ゆえに起きる悲喜… 続きを読む

キタハラさんの他のおすすめレビュー 149