魂喰い(短編)

kasyグループ/金土豊

第1話

これからお話しすることは、私の友人や知り合いたちが残した手記です。

中にはICレコーダーの音源や、DVDに録画されたものもあります。

まず最初に記すのはその一人、D君の置き手紙です。

あまりに奇異な内容だったので、ネット上で紹介することにしました。


『これから話すことはオレの実体験だ。


腹が減る。とにかく腹が減る。昨日はインスタントラーメン3杯、

○○屋の牛丼2杯、

それにカレーライスを5杯。でも満たされない。腹が減ってしょうがない。

かといって、太るわけでもない。体重は3ヶ月前と少しも変わってない。

オレは病院にいった。それも3つもだ。医者の話によると、

なんら異常はないという。

過食症でも、体重の増加など、何かの異変があるという。

でも、体型、体重ともなんら変化はないのだ。

オレの空腹は、飢餓きがに近い感覚だ。バイトでコンビニに勤めているんだが、

店内の食料品を見ているだけで、よだれが出てくる。この間も客に、

おでんをよそってる時に涎が出ていて、店長に怒られたばかりだ。

店長は、オレのことを心配してくれた。それで余りものの弁当を、5個くれた。

その5個の弁当をその晩に食ってしまった。それでも腹が減る・・・。


オレは金魚を2匹、小さな水槽で飼っているのだが、

こいつらを見ていつも思う。

こいつらはなにをしなくても、

好きなだけ餌をもらえる。好きなだけ食える。

オレは金魚をながめながら、心底うらやましいと思った。


オレは客の少ない、夜の時間帯にシフトしてもらった。

午後10時から翌朝6時までの時間帯だ。

でも、それが良くなかった。商品棚にある、弁当、サラダ、

菓子パンに納豆や酒のつまみまでを食い尽くした。

同じバイトの奴が制止したが、オレの食欲は止められなかった。

結局、オレはコンビニのバイトをクビになった。

数ヵ月後、収入が無いので電気も止められた。次はガスが止められた。

火が使えないので、オレは買いだめしていたインスタントラーメンを、

スープの粉をかけながら、生のままかじった。

それもすぐに、底をついた。

空腹が収まらない。腹が減ってしょうがない。

かといって、体重は変わらない。当然、体型もだ。

オレはいったいどうしちまったんだ?』

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます