連につき未熟。

作者 彼方に残らない絶望