衝突と復帰戦(3)

 第三節は序盤に元代表選手の個人技に翻弄され、二点を失って幕開けた。


 辛うじて守備が持ち直し、その後は無失点で前半を折り返す。

 後半開始直後「しかし監督」と真賀田が口ごもった様子で声をかけた。


「少し勘違いしていたというのは謝ります」


 真賀田は手厳しい物言いをするが、自分の間違いは素直に認められる人だ。そう思い改めたのも無理はない。


 紫苑は慣れないながらも守備にも走っていた。時々、心美や愛衣に怒られて、びくりとしていたが、認められたい一心で身の振り方を変えたのだろう。


 プライドの高い彼女がプレイスタイルを曲げて守備をするなんて、はらわたの煮えくりかえることだったかもしれない。しかし、紫苑には素直なところもある。心美からパスをもらっておきながら、我が物顔のままだったのなら俺は即座に切り捨てた。


 だが紫苑はしっかりと応えようとしていた。


「ちょっと不器用なだけだよ」


 相手チームがウチの左サイドを突破しようと勝負を仕掛けた。対応する琥珀は逆を突かれて抜かれかけたが、咄嗟に滑り込んでボールを奪った。


 フォローに下がっていた心美がボールを受け、顔を上げる。


 結月が右サイドで受け取ろうと開いていた。心美の精度なら対角線のパスは十分に通るだろう。加えて中央の香苗と紬はマークを振り切れず、パスコースは塞がれていた。


 真面目で優等生タイプの心美が選択するのは、一旦最終ラインから組み立て直すか、三葉に預けての様子見だろう。それがいつものパターンだ。


「だが、心美。君はいつまで現状に満足しているんだ」


 心美は大きなモーションからボールを蹴り出した。

 ボールの真横を擦り、きつい回転のかかったボール。


 それは教科書通りなプレーをする心美のやり方とはかけ離れたものだった。

 前方に二人のディフェンスがいたが、その間を縫って、右から巻くボール。

 そして左サイドの紫苑の足元にぴったりと吸い込まれる正確性。


 当然、回転のかかったボールは受ける側にとっては繊細なコントロールを要求される。ワンタッチ目で勢いを殺してツータッチ目で微調整しなければならないだろう。


 少々意表を突かれていた紫苑だったが、ボールを受ける直前、絶妙なアイコンタクトを香苗に送った。


 香苗は本能に従ったのか、紫苑が発した意思を汲み取ったのか、紫苑に寄った。


 そして紫苑はトラップ無しのダイレクトでしっかりとゴロボールを香苗に送る。

 香苗は右サイドに流れようと身体を開いていた。


 しかし、軸足に置いていたアウトサイドにちょこんと当て、紫苑が走り込んでいた裏ヘとワンツー。完全に想像外の出来事を目の当たりにした相手DFラインは、足を動かすよりも目で状況を追おうとしていた。


 紫苑は流れるような足さばきでボールを運ぶ。すでにトップスピード。


 キーパーと一対一の場面、セオリー通り、低弾道の速いボールを冷静にサイドネットに流し込み、一点。


 その時、俺と真穂は以心伝心で拳を突き合わせていた。


 ゴールを決めた紫苑は涼しい顔をして、優雅に髪を払いのけると指一本をイシュタルサポータの方へと突き上げた。


 指笛と紫苑ラブコールがスタンドから注がれ、紫苑はこっそり俺にウインク。


 ただ反撃も虚しく、残り時間はもうなかった。いい形が見られたものの、時すでに遅し。リーグ第三戦目を1-2で落とした。


 続く第四節、五節目はリードしたが、後半に追いつかれ立て続けに失点。1-3と2-4でまた連敗。得点はすべて紫苑があげた。第三節の形は偶然できたもので、それ以外の得点はどれも紫苑の個人技だった。


 これで開幕から五連敗敗だった。昇格したことや紫苑の知名度あってか、注目度の高かったイシュタルFCだったが、現役時代から俺のアンチだった新聞社は早速解任論を展開してくれていた。


 俺達はリーグ最下位から勝ち点差ほぼ無しの四番目の位置にいた。ちなみにカップ戦は引き分けが二度続き、こちらは辛うじて勝ち点を稼げていた。


 決して点が取れないわけではない。だが取られる時間帯のタイミングの悪さと、失点後の立て直しにバタバタして追加点を許すパターンで負けが込んでいる。


 一部リーグの本気を見せられたのか、選手達の表情は日に日に引きつったものとなっていた。ただ悲観することばかりではない。今週から真穂を復帰させようと考えていたし、紫苑への風当たりは結果が出ていれば当然、信頼に置き換わっていった。


 そんなわけで、すっかり鼻を高くした紫苑はチームが負けているというのに一人だけ上機嫌だった。


「ほら見て、月みん。私のこの華麗なシュート」


 呼び捨てからあだ名に昇格したらしい。今日はオフ。


 紫苑は未だにクラブハウスに住んでいて、オフの昼間は大抵事務所を占拠している。基本的に引きこもり体質らしく、休みの日に遊びに行くところを見たことがない。


「でもまだ本気じゃないだろ」


「月みんってぞっとするほど何でもわかるのね」


「昨シーズンの君の試合を穴があくほど見ただけさ」


「ちょっと今、寒気がしたわ。月みんってストーカー気質じゃない?」


「何でそうなる。監督として当たり前だ」


「でもまあ、それだけ私を見てくれるってのは嬉しいな。ね、月みん、こっちに来なさいよ。特別に私のプリンを半分分けてあげるわ」


 紫苑はプリンが大好物で毎日三食後に食べている。

 意外というか、子供っぽい一面もあるのだ。


「いいよ。紫苑の至福の時間だろう?」


「何よ。せっかく天才美少女サッカープレイヤー紫苑様が特別に許可しているのに、受け取らないというのは侮辱された気分だわ。あーあ、次の試合は機嫌損ねちゃうかもしれないわぁ」


 そう言われては素直に頂くしかあるまい。

 俺が隣に座ると紫苑は、


「はい、あ~ん」


 と食べさせようとした。


「からかってる?」


「月みんは私の本気の愛を受け取ってくれないのね……しくしく」


 紫苑は泣いていた。明らかに嘘泣きだったが。


 今は事務所に誰もいない。佐竹も今は洗濯しているからしばらくは戻ってこない。誰も見ていないので良しとした俺は従ったが、顔中が真っ赤になるような恥ずかしいプレーには変わりない。


「どう? 美味しい?」


 表情を緩める紫苑は可愛く、俺は一瞬どきりとした。


 俺は小さく、本当に小さく頷いた。正直味はスーパーで買った三個入り百円そこそこの安物の味しかしない。しかし高鳴る心臓がどばどばアドレナリンを出していた。


「月みんってば、結構ウブなのね」


 紫苑は小悪魔のような笑みを浮かべていた。ふと昨年を振り返る俺はこの時期、杏奈達から恋人の話をされたことを思い出していた。


 紫苑は再び「あ~ん」と言って、俺は渋々応じていると、


「監督ぅ~、次の試合の対戦相手のビデオを」


 と間延びした口調で入って来た愛衣と芽衣が俺達の恋人紛いな様子をみて、


「お邪魔しましたぁ~」


 と退散した。


「ちょちょ、待って! 愛衣ちゃん、芽衣ちゃん! 違う! これは違う」


 追いかけようとした俺の腕をとって、紫苑は「じゃあ次は紫苑に食べさせて」と悪ノリを続ける。


 これはまずい。非常にまずい。もしかしたら明日の週刊誌に載るかもしれない。

 俺は紫苑を振り払って愛衣達を追いかけた。

 追いついた俺は、


「今のは幻覚だ。悪い夢だ。いいか、何も見ていなかった。君達は事務所になんか行っていない。オールオーケイ?」


 すると芽衣がにっこり微笑み、


「大丈夫ですよ~。芽衣達は監督が恋人を手元に置きたいからしおっちを移籍させただなんてこれっぽっちも思っていませんよぉ」


「想像力豊かな妄想!?」


「確かに紫苑ちゃん美人さんだものねぇ。監督と選手の秘密の恋……これでご飯三杯はいけそうだわぁ」


「だから誤解だっ」


「じゃあ、監督さん的にわぁ、愛衣と芽衣どっちがタイプぅ?」


 愛衣と芽衣は両脇から俺の腕をとって耳元で誘惑して来た。

 二人とも可愛いと思うが、正直見分けがホクロ以外にない。

 というか、こんな展開去年もあったような。


「ちょっと、月みん。誰よその女!」


 振り返れば、ふくれっ面で睨んでいた紫苑がいた。


「いや誰って、愛衣と芽衣じゃ──」


「月みんってば、私という女がありながら、二人の女とも浮気していたのね!?」


 いや、いつから俺達付き合ったんですか。


「ねえ、愛衣だよねぇ?」


「それとも芽衣ぃ?」


 そこへダッシュして走り込んでくるキーパーの真奈美が滑り込んだ。俺の前でピタリと止まる。真奈美はまるで王子様のように片膝をつくと、さっとバラの花を取り出して、演技めいた口調と歌劇団ばりのアルトボイスを響かせながら、


「監督うぅ~、僕とぉ~、踊ってくれませんかぁ~」


 収集がつかない。誰か助けてくれと心の中で祈っていると、通りかかった佐竹が無表情かつ抑揚のない棒読みで、


「ジツハ、イゼンカラ、ワタシモ、ツキミサンノコトが、す……す、ススキでした」


「あんたは何を言いたいのだ」


 すると紫苑はクスリと笑顔を漏らした。

 それを見た、最終ラインコンビはハイタッチしていた。


「ようやく笑ったな」


 と真奈美。


「ね、しおっち。佐竹さんてば、ロボ娘っぽいでしょ?」


 愛衣、芽衣がニッコリとしていた。紫苑はお腹を抱えて笑っている。

 佐竹は顔を真っ赤にしながら、


「だから嫌だったんですっ。私、カンペとか台本とか読めないんです!」


「それでも付き合ってくれた佐竹さんてばノリがいいとこあるよねー」


「ねー」と芽衣が同意する。


 どうやら俺はダシに使われていたらしい。負けが続いていたというのに、笑っていられる彼女達に微笑ましさを感じる。


「ねね、しおっち。誕生日はいつぅ?」


「私は十二月二十四日よ」


「なんか奇跡的ぃ~」


「そ、その……二人はいつなの?」


 紫苑は恥ずかしがりながらも問いかけていた。


「六月の七日。毎月、誕生日会をやってるからしおっちもプレゼント用意してあげてね」


 紫苑は頷いた。だんだんと紫苑がチームとも馴染めてきていることに、俺は密かに頑張れよとエールを送りその場を立ち去った。


 自販機に行ってドリンクでも買おうかと階段を降りて行くと、小走りに近づいて来る足音が聞こえる。


 振り返ると佐竹が、


「骨を折った甲斐がありました。こう見えて私、小学生の頃は演劇部だったんです」


「あの演技力で?」


「でも、私は紫苑さんがチームに溶け込めるように密かに温泉建設計画を練っていたのですが、その必要はありませんでしたね」


「……壮大すぎるよ」


「優勝すれば黒字です」


 優勝は正直厳しいだろうというのが本音だった。


「ところで疲れてない?」


「なぜそう思うのですか? 見ての通りピンピンしてます」


 佐竹は上腕にこぶを作ろうとして握ったが全然盛り上がっていないのはご愛嬌。


 広報から雑用に会計までこなして、最近では夕食の調理まで参加しているし、いつも夜遅くまで事務仕事で残っている。働きすぎだ。佐竹のデスクには栄養ドリンクの空き瓶がいつも転がっていたのを俺は見ていた。


「佐竹さんに倒れられるのが一番困るから、ちゃんと休息はとって欲しい。それかもっと事務を雇うとかさ」


「少しだけわがままを言えば、誰にも譲りたくないって思うんです。私はサッカーのことは知りませんし、まだ医師免許も持っていないから正式には診断できません。でも私はこの場所が好きなんです。月見さんやあの子達に貢献したいのです。おそらくこのままチームが成長していけば、大勢のスタッフや事務の人も入って来ると思います。そしたら役割が分担されて、きっと私は皆さんと関わる時間が少なくなります。だから今はできるだけ多くの時間、関わっていたいのです」


 そう、と俺は素っ気なく返事して、自販機前にたどり着いた。


「奢ろうか?」


「ではミルクティーで」


 ブラックコーヒーを選んで渡す。


「……嫌がらせ?」


「冗談。さっきのお返し」


 そう言って、俺はミルクティーを買うとブラックコーヒーを佐竹の手から奪い返す。


「少し歩きませんか?」


 と言われ、俺達は練習場外周の森林道を歩き始めた。


 去年も二人でここを歩いたと俺はふと思い出す。


 香苗のことでお叱りを受けたんだっけ。


「そう言えば、最初の目的である、月見さんを選手に戻すとの目標が達成されてませんね。その後どうですか?」


「難しいところはあると思う」


「私はね、月見さん。あなたがここに残ると言っても誰も反対しないと思いますし、むしろ歓迎されると思います。選手としてではないかもしれませんが、月見監督が見せるサッカーも十分に面白いと感じているんです。でも月見さんは選手に戻りたがっているのでしょう?」


 俺は小さく頷いた。


「たとえ失敗しても月見さんの居場所はここにありますから。ズタボロのボロ雑巾にされて泣いて帰ってきても私達はあなたを優しく迎え入れますよ。だから、めげずに信じたことをやり遂げてください。どういう未来を選ぶにせよ、少なくとも私は応援させていただきます」


 その言葉は優しく胸に浸透するようで、ありがたすぎて、俺は少しだけ留まりたい思いが膨れて行くのを感じていた。


「あのさ、佐竹さん。もしもだけど、俺がまた選手に戻った時──」


 言いかけて俺は言葉を飲み込んだ。マネージャー兼通訳を頼もうかとも思ったが、先ほどの、佐竹がこのチームを好きだって言葉に言えなかった。


「なんですか?」


 目を丸くして首を傾げる佐竹。


「……いや、なんでも。仕事、頑張って」


 佐竹はまだ首を傾げていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!