「いただきます」のその前に

作者 榮守 ナツ

これはなんてのどかな飯テロ話……と思いきや!!

  • ★★★ Excellent!!!

皆さん、油断は禁物ですよ。

私はね、この恋人未満のもどかしい幼馴染ってぇ関係にキュンキュンさせられちゃおうなんて甘い気持ちで読み始めたんです。

ところが、ですね。

飯テロ部分がもうとんでもないんです。
めっちゃくちゃ美味しそう!!何それ私もお邪魔して良いですか!?

で、そんな飯テロ恋愛小説家と思ったらですね!!
これ、『現代ファンタジー』なんですよ!!

じゃあどこにファンタジー要素が?って思いますよね、ね!ね!

いやもうそこはさすがに言えませんけど。
ただ、このお話は、実に欲張りだということだけはお伝えしたい!
声を大にしてお伝えしたい!

飯テロ話というだけでもかなり一流なのに!(もうね、私の腹の虫がすごい)
キュンキュンきちゃう恋愛話としても一流なのに!(悶えますよ、マジで)

それでいて、ファンタジー要素もすごく良い!!(おい語彙力どこ行った!)

これはもっともっと評価されるべきなやつです。
もうね、読みましょう!
一気読みしちゃうのもったいないけど、するする読んじゃいますから!!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

宇部 松清さんの他のおすすめレビュー 539