真夏の夜、君と見た空

作者 水瀬さら

沢山の思い出が出来ますように

  • ★★ Very Good!!

花火を眺めながらビールを片手に思い出を語り合う光景は夏場なら良くありがちなシチュエーション。そこで語らうかつての同級生同士の会話を中心に進んでいくストーリーなのですが、このシチュエーションを彼がどんな気持ちで用意したのかを思いやると自然とにやにやしてしまいます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

梔子さんの他のおすすめレビュー 115