猫町の珈琲屋さん

作者 櫻井彰斗

フォロー

★★★ Excellent!!!

二人の距離感が心地よい。

猫のいる港町。
そこにある森に囲まれたような珈琲専門の喫茶店。
珈琲の飲めない紗凪が出勤前にそこに寄って頼むのはトースト。そこで働く哲太はなんとか彼女に珈琲を飲ませようとするけれど……。

そんな二人のお話はホワホワとずっと読んでいられるような心地よさで進んでいきます。ジレジレと言われればそうかも知れませんが、よくあるジレジレ感とはまた違って、とにかく心地よい。料理の描写もどれも美味しそうで、料理の匂いまで漂ってきそうなそんな感じです。