ケモナーの俺はどうやら神獣になってしまったようで

作者 キリフセ

37

13人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

タイトルに嘘偽り無し! これまで有ったか、超絶重症ケモナー主人公!
彼が転生したのは悪魔!? 的な姿の翼付き狼! その毛並みは至上! タイプ:ほのお! 女体化もあるよ!

しかし、異世界ではそんな主人公が有り余り過ぎる力で大迷惑? 触れれば爆散、走れば大地は抉れ飛び、扱う力は止められない!?
バトルはてんこ盛り第二の人(獣?)世! 信仰集め? それはまぁ、後ででもいいでしょう。

そんな彼(彼女?)を取り巻くのは一癖も二癖もある仲間達!
才能『は』あるぞ人間! ロリババア属性だ喜べ妖精! 主人公が暴走を抑えられればいいが獣人(ショタ)! これが内なる欲求を圧縮放出した結果か悪魔執事!
そして、ケモナー疑惑のある貴族との友好関係は良好のままイケれるのか!? まだまだ増えそうな仲間の予感。
ケモナーたる者、やはり集めるなら人じゃなくてふわふわな触り心地の獣人がいいよね。ちょっと分かる。

自身がケモナーだという自覚が僅かでもあるなら一度は目に通すべき作品。もしかすれば、何かしらの目覚めるかも……? その覚悟があるのなら、是非ともご覧頂きたい。