[現代妖草紙]鵜野森町奇譚

作者 あきみずいつき

183

63人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

純情な夢路くん。愛らしい猫のサクラ、だんだんと言葉の色を変えていく日野さん、器の大きいお婆ちゃんなど、とても愛着の湧くキャラクターに囲まれて、「キャラクター文芸」という形を成している物語だと感じました。

ストーリーも暗い方から明るい方へ、明るい場面から暗くなったりと、緩急のついた流れのある展開が、読んでいる私の頭の中に広がっていき、読む楽しみを存分に堪能できました。

人間の暗い部分(隠の気)を覗かせつつ、それを越える人情の深さ、明るさ、温かさを感じられる作品でした。

★★★ Excellent!!!

日常の中に紛れ込む少しの不思議が、現実世界をファンタジーの舞台へと変えている。

日常とファンタジーの要素が上手く混ざり合い無理のない世界を作りつつ、そこに登場するキャラを好きになれたことでさらにその世界をも好きになれたのが好印象だった。

決して万能ではない若者たちによる試行錯誤による事件へのぶつかる様が力のない者でも壁を越えられるということを示しているように感じられて、読者にとっても小さな一筋の光を示す作品になっているのではないだろうか。

物語をどの位置で終わらせるかは書き手の好みによって変わるだろうが、全ての謎を解き過去を全て清算し男女をくっつけて終わる完全なるハッピーエンドにせずに人生が先に続いていくよう見える終わり方からも、作者の好みやメッセージが感じられる。

同じ設定で大勢の作家が書いてもここはこの作者さんならではの部分だろうなと思わせるような書き手のこだわりが感じられる作品で、個性あるファンタジー小説として楽しませてもらえた。

剣や魔法、異世界だけがファンタジーを彩る要素ではないと思い出させる作品で、まさに作者の数だけファンタジーの世界観があるのだと思わせてくれる良作である。

★★★ Excellent!!!

私の好きな歌を引き合いに出したいのです。
福山雅治さん作詞の「最愛」。
歌詞を引用できないのが残念ですが、「心の雨に傘をさす」ニュアンスがあります。

私はたまたまこの「鵜野森町奇譚」に出会ったのですが、主人公・夢路はまさに、「心の雨に傘をさす」人です。
猫又のサクラや、心を閉ざした少女・咲を放っておけず、手を差しのべます。

派手なシーンは少なくても、心に染み入る良作です。
ぜひ、ご一読を。

★★★ Excellent!!!

 鵜野森町を舞台に起こる物語。
 思わずため息が出るようなボーイ・ミーツ・ガールからはじまり、猫又サクラとのコメディタッチなやり取りが差し込まれて楽しく読み進めることが出来ました。

 二人が持つそれぞれの思春期の心の傷に、不器用ながらも面と向かおうともがきます。傷つき、その痛みにときには心の悲鳴をあげながらも、お互いを気遣うからこその優しさが二人を動かしていきます。

 物語のテーマは妖怪ものでありながらも、本質は少年少女の成長物語であり、その心情描写を中心に周囲の大人たちの様々な優しさで溢れています。

 少年少女の思春期の物語と、鵜野森町というどこか懐かしい下町のような世界という組み合わせが、まるで大林宣彦監督のジュナイブル・ファンタジー尾道三部作(「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」)を観ているかのような、なんだか心があたたまる気分にさせてくれました。

★★★ Excellent!!!

武道の大会で対戦相手に怪我を負わせてしまった夢路。
人と関わることをしない、無表情でミステリアスな咲。
心に「陰の気」を抱え込んだ2人が引き合わされたのは、
夢路が拾った妙に偉そうな猫又サクラがきっかけだった。

夢路とサクラのコミカルなやり取りにクスリと笑える。
少しずつ近付く夢路と咲の距離を焦れたり応援したり。
厳格な祖父はカッコよく、キュートな祖母は癒し系で。
ライトな読み口ながら、描かれる心模様は深く難しい。

鵜野森の中でも昔ながらの人情が息づく神社や商店街。
両親を早く亡くした夢路を見守る祖父母やご近所さん。
夢路が本音の感情を見せれば応えてくれる学校の友人。
人々の縁の中で生きていると気付いていく夢路と咲。

登場人物にエールを送りながら読む、
優しい雰囲気のキャラクター文芸作品。

★★★ Excellent!!!

ファンタジー要素を若干含む、ほんわかとした優しい物語。妖怪が出てくる話ではあるけれどホラーというより心にそっと寄り添うような、傷ついた心を癒してくれるような、そんな温かな物語です。
一番魅力的なのは登場人物達。夢路の抱える悩み、咲の抱える闇、猫又サクラの軽快さ。さらには彼らの周りの登場人物である洋子と宗一郎も魅力的。彼らの言葉には色々と考えずにはいられません。
個人的には、物語のテンポも良いなと思いました。シリアスシーンとコミカルなシーンの絶妙なバランス。物語全体の進め方とその流れ。そして人の気持ちの描き方。

最後まで読み切ればきっと、皆さんの心に何かを残してくれるでしょう。

★★★ Excellent!!!

 読んで損なしの作品。ファンタジー要素がありながらも、その根幹には現代社会の闇が描かれ、怪異も猫又もちゃんとその根幹につながっている。まさに極上の現代ドラマだ。
 平凡な主人公は、無表情な少女に出会う。しかし少女は単に無表情なわけではなく、先に起こった震災のために心が冷え切っていたのだ。そんな少女に憑りつく黒い影。少年は猫又と共にその影を撃退しようと試みる。少女は主人公の家に匿われるのだが、そこで少女を待っていたのは、とても温かい人々との交流だった。主人公の祖父母や近所の人々と交流する中で、無表情だった少女は心を取り戻し、表情が表れ始める。
 しかし少女の凍えた心に憑りついた妖は、少女の周りの人々を巻き込んでいた。それを知った少女は自身で決着をつけるために、雨の中を走る。
 主人公はそんな少女を追い、妖と激突するのだが――――⁉
 果たして凍えた心を持った少女は、笑顔を取り戻せるのか?
 そして主人公と猫又の運命は?
 人の汚い部分、嫌な部分、目を逸らしていた部分。それは誰にでもある。しかし、人が強くなりたいと願う時、人々は手を差し伸べてくれる。それを「人間の温かさ」、もしくは「人間の優しさ」と言うのだろう。人間の明と暗のコントラストを見事に書き分けた素晴らしい作品です。
 是非、ご一読ください。

★★★ Excellent!!!

柔らかな筆致と瑞々しい感性で、とても素晴らしい青春小説に仕上がっていると感じました。夢路と咲は言うに及ばず、脇を固める宗一郎や洋子も魅力的で。

白眉だなと思ったのは、中学時代の咲への仕打ちを糾弾する夢路に向けられた表題の言葉ですね。

夢路の義憤には少なからず私情が含まれているのは間違いなく、我ら読者も彼に共感するのですが、「そんなこと言ったって、じゃあお前は何か出来たのかよ」という相良の気持ちもよくわかる。そういう視点をきちんと総括してくれる友人もいる。非常にバランス感覚がいいな、と思いました。

全体として、万人に自信を持ってお薦めできる青春小説です。読めて良かったと思います。ありがとうございました。

★★★ Excellent!!!

雨の匂いがふわりと香る、素敵なジュブナイル小説を読ませて頂きました。

怪異譚とありますが、おどろおどろしいホラーではなく、思春期の少年少女がその混乱した時期をなんとか乗り越えたり、時にはやり過ごしたりするときに、そっと寄り添ってくれるような物語です。

自らが招いた事故で進む道を見失った主人公の夢路、軽妙な相棒の猫又・サクラ。ヒロインは同じく理不尽な現実社会に打ちのめされ心を閉ざした少女、咲。そして彼等を温かく見守るかつて少年少女だった大人たち、みんながとても丁寧に書かれていて、すんなり感情移入できるところも魅力的。

ファンタジーな設定の中に生々しい思春期の模様が書かれているこの物語は、不誠実で理不尽で無頓着な現実と、それに傷つけられる幼くはかない心と、それでも生き抜く植物のような生命力が水や風のように流れているのを感じます。
彼等のように、現実に流されたりへつらったりせず、時に迷い間違うことがあっても、最後は背筋を伸ばして隣人に手を差し伸べられるような人間になりたいと、心から思わせてくれます。

読了後は雨上がりの青空のように晴々と救われた気持ちになりました。
ひとりでも多くの方に読まれますように。続編がとても楽しみです。

★★★ Excellent!!!

空手の大会で相手に怪我をさせて、挫折した夢路。
災害に関わる風評で友人を失い、孤独を抱える咲。
そんな傷付いた子供たちが、猫又・サクラの力を借りて人の精神の闇を喰らう妖怪と対峙し、己と向き合い、乗り越え、成長する物語です。

登場人物が非常に魅力的なこの作品。
夢路の実直さ、咲の苦悩、サクラの軽妙さ。重くなりがちなテーマも、コミカルな描写を交えつつ、深い共感を呼びながら語られていきます。

特筆すべきは、彼らの周囲にいる大人たちの包み込むような優しさです。
懐が深く、「こうなりたい」と思える大人たちの姿。ですが、かつては彼らも主人公たちと同じ、迷える子供だった……のかも知れません。
それが伺えるようなエピソードがさりげなく入れられており、彼らが悩む少年少女にそっと道しるべを指し示すことに、ただの綺麗事ではない確かな説得力を感じました。

冒頭から降り続ける「雨」。このお話の重要なモチーフです。
最後まで読み通した方は、もう一度、第1話を読んでみてください。きっと深い感銘を受けることでしょう。

★★★ Excellent!!!

ジャンルとして怪異小説は昔から数多く取り上げられてきましたが、本作は思春期の少年少女達、特に彼等が抱える悩みや感情の揺れ動きなど、怪異が起こす事件よりも人間の心理描写に重きを置いた作品と感じました。
そして人情に溢れている。猫でさえ情に溢れています。

全体的に雨の描写が多く鬱屈とした情景に対し、非日常の存在である猫又がコミカルに動く事でその雰囲気を中和しており、また登場人物達の温かさを感じ、最後まで読んだ暁には物語の中だけでなく、きっと自分の心にも晴れ空が広がっていることでしょう。

感情移入しやすい主人公に加え、情景描写には難解な表現が殆どなく、最後までするすると読めてしまうのも魅力的です。

この先も彼等にどの様な青春が、あるいは事件が待ち受けているのか、とても楽しみです!

★★★ Excellent!!!

孤独を抱える少女。
ためらいながらも少女に手を伸ばそうとする主人公。
そんな若い2人を支える周囲の大人たち。
異界の物怪との闘いであったり、コミカルな日常シーンであったり。
そのどれもこれもが温かい雰囲気と、丹念に織り込まれた言葉たちによって描かれています。

本作品の流れは王道中の王道であり、まさにロイヤルロードとしての安定感と面白さを提示しています。王道を逸らしたり、お約束を脱臼させたりすることで妙味を添えようとする作風が多い近年において、本作品はあえて違う立場から、そして真正面から応答する。

前編を通じて、清々しいキャラクターたちの言動に、とても充実した読書時間を過ごすことができました。

★★★ Excellent!!!

自分とても猫が好きなんですが、作中のサクラは猫の可愛い部分を持ちながらも猫又として活躍しているのがとても素晴らしいです。
主人公やヒロインも常識的で優しく、ゆっくり読むのに最適な小説だと思います。
猫又なんていう特殊な設定があっても日常が壊れないような描写がとても読みやすく、日々を忙しくしている人にこそこの小説をおすすめしたいですね。
きっと心がやすらぐと思います。

★★★ Excellent!!!

時間がある時に少しずつ読んでいくつもりだったのですが、あまりに面白くて一気に全部読んでしまいました。

とにかく登場人物が全員魅力的で、繰り広げられる会話に時にクスリと、時にほっこりとします。
妖怪モノということで怖いシーンもある程度ありますが、それ以上に心温まる場面が多く、読み終わると優しい気持ちになりました。

物語は一つの区切りがついたところで終わりますが、まだまだ広がる余地を残しているようにも思えるので、出来る事なら続きを読んでみたいです。

★★★ Excellent!!!

【雨】の章まで読了。
文章のテンポが良く夢路とサクラの掛け合いが面白いのでやめどころが分かりません!ついつい続きを読んでしまいます(^ω^)
メインキャラの人数がかなり絞られているので話にするっと入りやすいし夢路と咲の関係も凄く青春してて今後の展開が非常に気になります。
僕の中では自信を持って他人に勧められる小説です。

★★★ Excellent!!!

妖怪ものは久しぶりに読みましたが、これは面白い。
猫又のサクラとの出会いから始まる奇妙な事件。
主人公もヒロインも、そして取り巻く人物たちも皆魅力的で理解ある人々です。
果たしてこの事件、どう解決へ向かうのか。

まだ読み途中ですが、抑えきれなくてレビューを書きたくなるほど夢中になりました(汗)
これは一読の価値ありです。

★★★ Excellent!!!

猫又の回まで読ませていただきました!

いやぁ、久々に妖怪物を見た気がします。一時期民放では犬〇叉とか結〇師とかいろいろやってたし、その前にはゲゲゲのなんちゃらとかもやってましたし…。今は妖怪に触れる機会が圧倒的に少なくてちょっと自分でも忘れてきていました。
そんな時に読んだこの物語。主人公はある出来事がきっかけで部活に行けなくなっていた。そんな時に拾った猫が猫又で…!?丁寧に紡がれる文章と、かわいい猫又との会話、そしてある出来事での会話では直接的に描かれていて、いやぁ、楽しく拝読させていただきました!今後も続き楽しみにしています!
これからも善きカクヨムライフをお送りください!執筆も楽しんで!

★★★ Excellent!!!

 少年と少女、そして猫又が織りなす妖怪譚です。
 妖怪に取りつかれたヒロインを救うべく、主人公が猫又とともに奮闘するお話なのですが、妖怪退治だけでなく、主人公とヒロインの成長が、軽妙さと落ち着きを兼ねそなえた語り口で綴られていて、はらはらしたり、ほっこりしたりしているあいだに、気づけば物語に引きこまれて、続きをたのしみに待つようになっていました。

 空手の大会で相手を怪我させたことで道に迷ってしまった少年夢路さんと、父親の勤務する会社がおこした事故の累で虐隅にたたされてしまった少女咲さん。
 傷つき、前にすすむことができなくなってしまったふたりと、マイペースな猫又サクラさんを中心に展開していく物語は、理不尽な境遇にある咲さんと、彼女の力になりたいとおもう夢路さんがまよいながらも前にすすんでいく姿が一番に心をうつのですが、読みすすめるほどに感じたのは、大人たちがきちんと大人だということでした。
 傷つき悩む主人公たちを受けとめ、指図するのではなくて道があることをしめす夢路さんの祖父母、宗一郎さんと洋子さんはもちろん、彼らがすむ北鵜野森の商店街の人たちも、とてもあたたかいんです。大人が大人らしい町、北鵜野森。ふるい商店街のある町並みは、きっと住む人たちとおなじようにあたたかいんでしょうね。こんな町にすんでみたいなぁとおもいました。

 物語はおわってしまいましたが、夢路さんのお母さんのお話なんかもでてきましたし、かたられていないことがまだまだ沢山あります。夢路さんと咲さん、そしてサクラさんの物語の続きがよみたいな、とそんな風におもってしまうのです。北鵜野森の町並みを想像しながら。