[現代妖草紙]鵜野森町奇譚

作者 あきみずいつき

59

21人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

孤独を抱える少女。
ためらいながらも少女に手を伸ばそうとする主人公。
そんな若い2人を支える周囲の大人たち。
異界の物怪との闘いであったり、コミカルな日常シーンであったり。
そのどれもこれもが温かい雰囲気と、丹念に織り込まれた言葉たちによって描かれています。

本作品の流れは王道中の王道であり、まさにロイヤルロードとしての安定感と面白さを提示しています。王道を逸らしたり、お約束を脱臼させたりすることで妙味を添えようとする作風が多い近年において、本作品はあえて違う立場から、そして真正面から応答する。

前編を通じて、清々しいキャラクターたちの言動に、とても充実した読書時間を過ごすことができました。

★★★ Excellent!!!

自分とても猫が好きなんですが、作中のサクラは猫の可愛い部分を持ちながらも猫又として活躍しているのがとても素晴らしいです。
主人公やヒロインも常識的で優しく、ゆっくり読むのに最適な小説だと思います。
猫又なんていう特殊な設定があっても日常が壊れないような描写がとても読みやすく、日々を忙しくしている人にこそこの小説をおすすめしたいですね。
きっと心がやすらぐと思います。

★★★ Excellent!!!

時間がある時に少しずつ読んでいくつもりだったのですが、あまりに面白くて一気に全部読んでしまいました。

とにかく登場人物が全員魅力的で、繰り広げられる会話に時にクスリと、時にほっこりとします。
妖怪モノということで怖いシーンもある程度ありますが、それ以上に心温まる場面が多く、読み終わると優しい気持ちになりました。

物語は一つの区切りがついたところで終わりますが、まだまだ広がる余地を残しているようにも思えるので、出来る事なら続きを読んでみたいです。

★★★ Excellent!!!

【雨】の章まで読了。
文章のテンポが良く夢路とサクラの掛け合いが面白いのでやめどころが分かりません!ついつい続きを読んでしまいます(^ω^)
メインキャラの人数がかなり絞られているので話にするっと入りやすいし夢路と咲の関係も凄く青春してて今後の展開が非常に気になります。
僕の中では自信を持って他人に勧められる小説です。

★★★ Excellent!!!

妖怪ものは久しぶりに読みましたが、これは面白い。
猫又のサクラとの出会いから始まる奇妙な事件。
主人公もヒロインも、そして取り巻く人物たちも皆魅力的で理解ある人々です。
果たしてこの事件、どう解決へ向かうのか。

まだ読み途中ですが、抑えきれなくてレビューを書きたくなるほど夢中になりました(汗)
これは一読の価値ありです。

★★★ Excellent!!!

猫又の回まで読ませていただきました!

いやぁ、久々に妖怪物を見た気がします。一時期民放では犬〇叉とか結〇師とかいろいろやってたし、その前にはゲゲゲのなんちゃらとかもやってましたし…。今は妖怪に触れる機会が圧倒的に少なくてちょっと自分でも忘れてきていました。
そんな時に読んだこの物語。主人公はある出来事がきっかけで部活に行けなくなっていた。そんな時に拾った猫が猫又で…!?丁寧に紡がれる文章と、かわいい猫又との会話、そしてある出来事での会話では直接的に描かれていて、いやぁ、楽しく拝読させていただきました!今後も続き楽しみにしています!
これからも善きカクヨムライフをお送りください!執筆も楽しんで!

★★★ Excellent!!!

 少年と少女、そして猫又が織りなす妖怪譚です。
 妖怪に取りつかれたヒロインを救うべく、主人公が猫又とともに奮闘するお話なのですが、妖怪退治だけでなく、主人公とヒロインの成長が、軽妙さと落ち着きを兼ねそなえた語り口で綴られていて、はらはらしたり、ほっこりしたりしているあいだに、気づけば物語に引きこまれて、続きをたのしみに待つようになっていました。

 空手の大会で相手を怪我させたことで道に迷ってしまった少年夢路さんと、父親の勤務する会社がおこした事故の累で虐隅にたたされてしまった少女咲さん。
 傷つき、前にすすむことができなくなってしまったふたりと、マイペースな猫又サクラさんを中心に展開していく物語は、理不尽な境遇にある咲さんと、彼女の力になりたいとおもう夢路さんがまよいながらも前にすすんでいく姿が一番に心をうつのですが、読みすすめるほどに感じたのは、大人たちがきちんと大人だということでした。
 傷つき悩む主人公たちを受けとめ、指図するのではなくて道があることをしめす夢路さんの祖父母、宗一郎さんと洋子さんはもちろん、彼らがすむ北鵜野森の商店街の人たちも、とてもあたたかいんです。大人が大人らしい町、北鵜野森。ふるい商店街のある町並みは、きっと住む人たちとおなじようにあたたかいんでしょうね。こんな町にすんでみたいなぁとおもいました。

 物語はおわってしまいましたが、夢路さんのお母さんのお話なんかもでてきましたし、かたられていないことがまだまだ沢山あります。夢路さんと咲さん、そしてサクラさんの物語の続きがよみたいな、とそんな風におもってしまうのです。北鵜野森の町並みを想像しながら。