第84話 49日までは居てくれる

これはお寺のお坊さんに聴いたお話で、古代中国の死生観にも関わって来ますね。


亡くなった後も49日は死んだことを把握できずにまだ現世にいるそうでね。

49日の法要を以ていよいよ旅立つらしいんです。


ちなみに大往生でした。

だって夜に笑ってうどん食べていたから😊


最後のうどんは美味しかったかな。

どんな味がしたんだろうね。笑ってた。

ズルズルってうどん啜ってた。


祖父と一緒によく鍋焼きうどん頼んでくれた。美味しいものたんと食べさせてくれた。

別れだけが人生なら また巡る季節はなんだろうね。



落ち着いたら祖母へ捧げる優しい現代ファンタジーを書いてみたいところです(T ^ T)

こういう時に物書きであることが救いであり誇らしく思います。


みなさまこんにちは。

様々な作品の応援ありがとうございます。


喪に服すということで、あまりみなさまのところへ文字を書くのも喪中では良くないと思い、ご挨拶も自粛しています。


応援してくださるみなさまへ幸あれ。


茹だるような暑さですが冷えた西瓜が美味しいはず🍉🍉 早い者勝ちでどうぞw


またお会いしましょう(´⊙ω⊙`)











  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます