第13話 レビュー《ファンタジー編①》

GWですね。

さてさて、ゆめみりかのヨムも一度今日で受け付け終了です。

まだ読み終わっていない作品さん、フォローしている作品さんはきちんと読了して、アクションしたいと思います。ご依頼いただいた作品は全て目を通しますので、いましばらくお待ちくださいv


さて、ちょうど「ファンタジー」の二作を競作のように読んでおり、同日読了しましたので、レビューを置いて来ました。

※フォロー順にレビューしましたので、こちらでは、逆順に上げますね。


◆フェアリーウェイト 

https://kakuyomu.jp/works/1177354054882752568


*************************


うふふ、これはこれは……魂の重さ―フェアリー・ウェイト―物語


読了しました。とても長いのですが、ノリに乗ると一気読みさせる引力が心地良い不思議物語です。


最初は「ええ? これってありなの?」というような展開や、真新しい表現に翻弄され、気付けば主人公二人の甘酸っぱい恋に夢中。

こんどはファンタジー要素の「フェアリー」とのラブコメ展開が続いて、……と思いきや、「フェアリーウェイト」の本領発揮!


そこには、少年の性欲に支えられた独特な世界、

ちょっと欠けてるけれど一心に少年を求める純粋な少女の心

欠けているものを補おうとする不思議な存在の父親的愛。


彼女たちはある意味「親に恵まれてはいない」のですが、それは彼女たちの捉え方であって、とても大切に手を繋ぎ合っている。


タイトルのフェアリー・ウェイト に込められた想いと重い意味をちゃんと背負って、しっかりと生きて行くのでしょう。

見るも視るも同じ愛。眼の前のことに惑わされないで、しっかり大切なものを見つけたら、手を繋ごうねと、そんな作者さまの声が聞こえた気がします。


★の数も妥当な、様々な楽しみを詰め込んだ物語です。一部独特な表現もWEB小説と思えば、楽しめますよ。


五感で感じて読むと楽しい物語になるやもですね。

ありがとう。楽しかった。みなさんにもオススメします。

*******************************


※大変評価が高い作品です。こういった作品は少し厳しく見ていますが、見あった物語であると判断して、レビュー応援させて戴きました。作者さまのスコップの活動努力も、素晴らしいものと称えます。


イロイロあるでしょう、頑張って欲しいです(*^^*)

正しくヨムヒトが、ひたむきにカクヒトを元気づける。


それでは次のオススメ《ファンタジー②》へ行きましょう!




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます