この青を脱ぎ捨て、

作者 榮守 ナツ

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全42話

更新

  1. 発端
  2. #01 俺のスタートは上々だった
  3. #02 俺が彼女の立場だったら……
  4. #03 俺、とんでもないことを口走ったような気がする
  5. #04 私は彼に嫌われるはず
  6. #05 私は何もわかっていなかった
  7. 邂逅
  8. #06 俺とのデート、つき合ってください
  9. #07 今度は俺が睨まれる
  10. #08 ……俺、邪魔でした?
  11. #09 俺が欲しがるもの
  12. #10 うん、私もそう思うよ
  13. 連繋
  14. #11 悪いのは間違いなく俺
  15. #12 俺には見せない弱さ
  16. #13 俺のミスを怒ってる
  17. #14 何してんだよ俺の手
  18. #15 私一人に対してであれば
  19. #16 謝るのは私のほう
  20. 距離
  21. #17 俺って、綸さんのこと何も知らないんだな
  22. #18 俺がホストだから
  23. #19 俺だって知ってる
  24. #20 俺が、何ですか
  25. #21 私のような女が
  26. #22 私を見ていて
  27. 悪意
  28. #23 俺とクリスマスを
  29. #24 俺は一切映っていない
  30. #25 ここは俺には狭すぎる
  31. #26 私の名前を囁く声
  32. 孵化
  33. #27 俺の発言にはなんの力もない
  34. #28 俺の言いたいこと
  35. #29 俺が嫌なんです
  36. #30 俺は俺の手であの人を
  37. #31俺の無謀な挑戦
  38. #32 俺ってMの気でもある
  39. #33 俺の初めての社内コンペ
  40. #34 俺一人
  41. #35 綸さんのバディは俺だ
  42. #36 俺自身の希望
  43. #37 私が出した答え
  44. #38 私に火をつけたのは
  45. #39 彼は私に、キスをした
  46. 飛翔
  47. #40 俺は一歩踏みだした
  48. #41 俺たちも手を伸ばそう
  49. あとがき