陸斗と昴ー3ー

陸斗くんは私をベッドに押し倒すと、もう一度キスをする。そして、服の上から私の胸を優しく撫でながら私の首筋にキスをする。そして、私が感じたと分かると、首筋を舐め始めた。


「やっ……陸斗くん……」

「蜜葉って首筋でも敏感だ。感じやすいね」

「だ、だめ……陸斗くん……」

「蜜葉さん、色っぽすぎ」


陸斗くんはそう言うと、私の耳朶を甘噛みする。


「り、陸斗くん……耳も駄目……」

「気持ち良さそうな顔してるのに? 」

「だ、だって……」

「これからもっと激しい事するけど? やめる? 蜜葉さん」


陸斗くんに聞かれると、私は首を横に振る。


「じゃあ、駄目とか言わない。もっと蜜葉を困惑させたい」

「り、陸斗くん! 」


こういう事する時だけは意地悪かもしれない。


陸斗くんは私の服の中に手を入れると、ブラの上から私の胸を撫でる。


そして、キスをしながら私の服を脱がせ、自分の服も脱いだ。


心臓がおかしくなりそうなくらいドキドキ言っている。そんな私に構わず、陸斗くんは手早く私の下着も脱がせた。


「陸斗く……やっ……」


陸斗くんは私の胸を揉みながら、ひたすら乳頭を舐めたり吸ったりする。


「やっ……あっ……だ……め……」


どうしよう……。身体と心臓がおかしくなっちゃいそう。


「陸斗くん……やだぁ……」

「そんな顔されたら余計止めるの難しい」

「あっ……陸斗くんっ……」


いつも穏やかで落ち着いたテンションの陸斗くんだけど、こういう時だけは違うからかなりドキドキする。


「すっごく濡れてるね、蜜葉」

「だ、だって陸斗くんが……」

「もっと気持ち良くなろ」

「ま、待って。陸斗く……あっ……」


久しぶりに会ったからかな。陸斗くんはいつもより強引な気がする。身体中が熱くて、身体がおかしくなりそうだ。


「陸斗くんっ……陸斗くん……」


私は甘い声を上げながら必死に陸斗くんの背中にしがみつく。気持ち良くておかしくなっちゃいそうだ。私、大丈夫かな。


「蜜葉……好き」


陸斗くんは優しい声で私に言う。


「大好き」


ずっと会えなくて寂しかった気持ちも彼のその一言によって埋められていく。この瞬間がたまらなく好き。


「……ごめん。いつもより強引で激しかった気する」


終わると、陸斗くんは申し訳なさそうな顔で言った。


「だ、大丈夫。陸斗くんってこういう時は男っぽくなるよね」

「それ、普段男らしくないみたい」

「うっ……ごめんなさい。そういう意味じゃないよ?いつも以上にというか」

「蜜葉にずっと触れたかったから。ついがっついた陸斗さんなのです」

「本当久しぶりだよね。陸斗くん、CDのレコーディングとかアニメイベントとか色々やってたし」

「ごめん。今月はもうちょっと会える時間作れるから」

「良いよ、私は。我慢出来るよ?陸斗くんの活躍、すごく嬉しいから」

「それって月一会えなくても寂しくないって事? 」

「ち、違うよ! 本当は寂しいよ? 陸斗くん」

「良かった」


陸斗くんは私の頭を優しく撫でる。


「このまま眠れそう」

「良いよ。蜜葉さん、お疲れだし」

「でも……」

「ほら、おやす蜜葉」

「懐かしいね、それ。創作研究部で流行ったワードだね」

「ああ。ほら、蜜葉……眠って」

「ん……」


陸斗くんに抱きしめられながら、私は眠る。


最初は抱きしめられながら、眠るとなると緊張して眠れなかった。だけど、交際期間が長くなると、安心して眠れる。ずっとこうしていたい。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます