箸休め 2020年 施設「ところざわサクラタウン/KADOKAWA」

KADOKAWAさんは、2020年にも所沢市近郊に「ところざわサクラタウン」として本社機能を移転するとかです。


POD(プリント・オン・デマンド)が大きな目玉ですけど、個人的に興味深いのは、併設されるロックミュージアムでしょうか。

何でも地上5階建てで、アニメ専門の美術館や約12万冊の本をそろえる図書館とカフェなども網羅するとか。


ここ非常に大切です。PODと図書館の機能が一体化するのは良い事です。巷にもPODは見受けられますが、ただの印刷屋に過ぎません。ここに図書館とカフェの為に印刷されれば、それはもう歓喜です。


どこかの近況ノートで書きましたが、PODの書籍で囲まれた佇まい良いなとか。

webで展開している作品をかなりセレクトした、カクヨムカフェ有りです。

そして過去のバックナンバー集めた、Newtypeカフェも大有りです。


Newtypeカフェか…あの幻のガンダム1stリブート企画(オリジンではないです)や、富野さんのキングゲーナーの短期連載、今一度見て見たいものです。

まあ、国会図書館に行けば見れるでしょうがでしょうが、そこはカフェで寛ぎたいものです。

いや、尾崎豊や岡村靖幸関連も読みたいから、別冊カドカワカフェも大有り。



あと忘れちゃ行けないのが、バラエティカフェ。角川娘のノーブルさにノックアウトされる事毎違い有りません。



もし自分がKADOKAWA社員だったら、新規事業としてプレゼン書きまくりますよ。

カクヨムカフェに、Newtypeカフェに、別冊カドカワカフェに、そしてバラエティカフェ。むむ、一日中居座ってはコーヒーとお茶菓子でお腹一杯です。



ここは期待を込めての想像ですけど、どうですか、雑誌毎のカフェとフロア展開大いに有りじゃないかなと。そうなればカクヨムの新たな指針が形成されると思うのですよ。

カクヨムの終着点は、決してweb小説の為のスペースでは無いと思う次第です。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー