第六十話【私、平和を提案します】


「——以上が皇帝陛下よりの希望となります」


 メンヒェルさんが並べた条件に、私もティグレさんも目を丸くしたわ。

 だって……。


「そりゃあ、実質俺たちと軍事同盟を組みたいって事か?」

「その様に取ってもらっても問題ありません」


 話の内容を要約すると、お互いに国交を開く、商業ルートを開く、といった一般的な話だけで無く、この神聖王国が軍事的に責められたとき、帝国が援軍を出す代わりに、帝国が攻められた場合、兵を出して欲しいといった、突っ込んだ話もあったのよ!


「驚いたわね……」

「皇帝は本気でございます」


 そりゃあ冗談でこんな事言えないわよね。


「……皇帝陛下の意向は確かに受け取りました」

「おお、では!」

「ですが、このミレーヌ神聖王国は、いかなる軍事同盟も望んでおりません。また、戦争中の国家と通常の国交を結ぶことはありません」

「戦争中の国家と?」

「はい。逆に言えば、戦争をしていない国家とであれば、喜んで国交を樹立したいと考えております」

「なるほど……」


 メンヒェルさんは、難しい顔で考え込んでしまったわ。

 するとティグレさんが腕を組んで続けたわ。


「ふん。実はな、つい数日前に、ガルドラゴン帝国の使節も来てな」

「はい。存じております」


 やっぱり知ってるのね。教えたわけでも無いのに。


「そちらにも同じ条件を突きつけた。そん時にお互い大使館を設置する話で落ち着いた」

「大使館?」


 ティグレさんは大使館の説明をして、さらに続けたわ。


「——というわけだ。もし帝国にその気があるなら、お互い大使館の設置を提案する」

「わかりました。お受けいたします」


 即答ね。

 ガルドラゴン王国といい、ベルガンガ帝国といい、どちらも相当の権力を持たせた人物を送ってきたわねぇ。

 本気度がうかがえるわ。


「帝国って、今はガルドラゴン王国以外とも戦争しているのですか?」

「現在、西の……失礼。このミレーヌ神聖王国から見ると、大河を挟んだ東側の、小国家群を統一しましたので、現在は王国との小競り合いのみです」


 びっくりだわ。聞いておいて何だけど、正直に答えてくれるとは思わなかったわ。

 メンヒェルさんの横に座る、アレクセイ将軍も腕を組んだまま微動だにしないし、これはよほど信用されてるのかしら?


「そうですか……もし、帝国と王国の戦争を辞めるのであれば、国交は大歓迎なんですけどね……」


 まぁ百年も戦争を続けているのなら、簡単には終わらせられないでしょうけど。


「なるほど。つまり、戦争を止められれば、交流をしていただけると」


 え?


「この場合、停戦協定などでも、問題ありませんでしょうか?」

「え……ええ。内容にもよりますけれど……」


 え? どういうこと?


「わかりました。すぐにアレクセイ将軍に説得に向かってもらいましょう」

「え? それって……」

「はい。停戦に向けた説得を、皇帝陛下に進言いたします」


 え?

 それってとんでもない話になってない?


 ◆


 その後、大使館建設の話などを進めたわ。

 基本はガルドラゴン王国と同じ様な話になったわ。

 大まかな方針が決まり、話合いが終わった時だったわ。


「アレクセイ将軍。今夜中に皇帝陛下に宛てた書面を作成しますので、明日の朝には出て欲しいのですが」

「心得た」

「これは、国家百年の計に直結いたします。必ず陛下を説き伏せてください」

「最大限の努力を約束する」

「ありがとうございます」


 これを、わざわざ私たちがまだ部屋にいる状態で言い放ったのよ。

 どう考えてもこちらに聞かせているわね。


「それではミレーヌ女王陛下。これにて退出させていただきます」

「はい。お疲れ様でした」


 そう残して二人と連れの文官たちは出て行ったわ。


「ありゃあ、相当気合い入ってるぞ」

「ええ。こちらに聞かせたのも、決意のほどを表しているわね」

「不退転の決意を感じるぜ」

「上手く行くかしら?」

「そればっかりはな……。まぁどっちに転んでも良いように準備はしとくぜ」

「……ティグレさん。あなた本当に頼もしいわよね」

「惚れたか?」

「それさえ無ければ……」

「おおう」


 ごめんなさいね。偏見は無いのだけれど、もし結婚するならやっぱり人間が良いわ。


 それからしばらくの間は、両国の使節団と交互に連日の話合いよ。

 大筋は決まっても、細かい決め事は山のようにあるのだから……。疲れるわ……。


「ミレーヌ様、明日の美術館のオープニングセレモニーはいかがしますか?」

「もちろん出席するわよ。ああそうだ。せっかくですから、両国の使節代表も招待しましょうか」

「良いお考えかと。すぐに連絡いたします」

「お願いね」


 こうして次の日、ガルドラゴン王国のスタイン・スタイナーさんと、ベルガンガ帝国のメンヒェル・バドゥードゥさんが初顔合わせする事になったわ。

 控え室で穏やかに睨み合う二人。


 ……あ、これってまずかったかしら?

 やらかしちゃった?


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます