第四十九話【私、感心です】


「作戦はこうだ」


 ティグレさんが地図を開いて敵の迎撃ポイントを指定したわ。

 山道の比較的出口……じゃなくて入り口ね。

 名もなき村から少し進んだあたりよ。


「あら、敵を全て引き入れないのね」

「ああ。理由はいくつもあるんだが、まぁその方が王国軍に早くお帰り願えるだろう?」

「まぁ、そうね」

「敵の戦法はいくつも考えられるが、恐らく槍兵と弓兵の組み合わせだろう」

「そうなの?」

「敵にも魔導士はいるだろうが、数が少ない。いきなり前線に出すとは思えん」

「……ねえ、関係無い話なのかもしれないけれど、一つ質問いいかしら?」

「ん? なんだ?」

「いえ、ティグレさんて、ずっとこの地域の村落にいたのよね? それにしては色々と物知りよねと」

「え? ミレーヌ知らないの?」


 応えたのはティグレさんじゃなくてプラッツ君だったわ。


「え? 何の事かしら?」

「ティグレって、合流したときからすんげぇ勉強してたじゃん」

「え? え?」


 どういう事?


「おいプラッツ」

「別に隠してる訳じゃないだろ? それにあんたのそういう姿勢は……ちょっとは尊敬してる」

「ふん」

「ミレーヌ様。ティグレ様は、私どもがかき集めた書物を片端から読みあさり、それだけではなく、世間を知るためと、定期的にベルの町やその周辺まで足を運び、外の世界の知識を吸収していったのですよ」


 プラッツ君だけでなくブルーまでもが擁護する。

 ブルーの言う事なら間違い無いと思うけれど……初耳よ?


「別に宣伝して回ることでもねーだろ」

「それはそうだけれど、全然気がつかなかったわ」

「ティグレ様は普段、町の警備でお金を稼ぎ、そのほとんどを自分を磨くことに使っているのですよ」

「そういえばたまに全然見かけない事があったけれど……ただの偶然かと思ってたわ」

「ほら、二足トカゲの良い奴をティグレがもらったじゃんか」

「ええ。騎乗のテストもしなければならないから、ティグレさんにレポートを書いてもらってるんだったわね?」

「ああ。足の速い二足トカゲで、しょっちゅう視察にいってたんだけど……マジでミレーヌ知らなかったのかよ」

「ええ……」

「俺が口止めを頼んでたんだ」

「そうなのか?」

「だから別に言いふらして回る事じゃねーからな」

「くそ……格好いいじゃねーか……」


 私、男性のそういうところよくわからないわ。


「まぁ、もともと俺はタイグー村の次期村長になるはずだったからな。読み書きも計算も出来るし、少しは外の情報も知ってたさ。もっとも外の世界に興味が持てなくて無駄な雑学だったんだがな」


 てっきり、それこそ蛮族みたいなイメージを持ってたわ……。訂正しないとね。


「ふん。蛮族なのは否定しねぇよ。だがな。ミレーヌが目指すものを知って、それじゃあダメだと反省しただけだ」

「私が目指すもの?」

「お前が好きなのは、いわゆる文化って奴だろ? そしたらこのクソ狭い世界で賄えるもんじゃえねぇよ」

「それは確かに」


 私は芸術が好き。

 でも多彩な芸術というのは様々の文化が生み出すものよ。たしかのこのミレーヌ町……じゃなくて王国だけに固執していたら、芸術は停滞するわね。


「なら俺も外の世界を知るしかないだろ」

「どうして?」

「……ミレーヌ阿呆だな」

「え!? どういう事!? プラッツ君!?」

「いえ、今回ばっかりはプラッツ君に賛成します。言い方に問題はあると思いますが……」

「レイムさんまで!?」


 ほわい!? なぜ!?


「まぁ俺の話はどうでもいい。とにかく続けるぞ」

「え、ええ」


 何か釈然としないけれど、今はやることがあるものね。


「とにかく敵の前衛は恐らく槍兵と飛び道具だ。可能性として騎馬隊が出てくるかもしれんが、その時は状況4を実行するだけだ」

「槍兵と飛び道具の組み合わせが状況1ね」

「そうだ。その時は俺たちに任せろ。グオ種族を中心に、戦士団で相手をする」


 グオ種族っていうのは虎獣人さんの事よ。

 わかりやすくて全員名前の真ん中にグオが入るわ。


「その時の装備なんだが、頼んでいたものは用意出来そうか?」

「簡単よ」


 頼まれたのは前衛用の防具。

 とにかく飛び道具を無視できるような防御力の高いもの。


 悲しいけれど、製造型魔導メイド人形が最も得意とするものよ。

 戦争用の武具の作製は十八番なのよ。


「なら、武器は予定通り丸太と棍棒だな」

「……ごめんね」

「かまわん。できるだけ相手を殺さない為の武器ではあるが、別に無傷ですむわけじゃねぇよ。それにな。ミレーヌの使う魔法の矢。あれにヒントを得た」

「というと?」

「敵は殺すより、生かして大怪我させた方が良いってことだ」

「……」


 そういえば、ティグレさんに魔法の矢が開発思想を説明したとき、妙に感心してたわね。

 怪我をした兵士を見捨てることは士気に直結するわ。

 だからよほどの事が無い限り普通は助けるのだけれど、重傷の味方が足手まといなのには変わりがない。本当にこのアイディアを出した人は悪魔的よね……。


「ま、まあいいわ。私、戦争は嫌いだけれど、あなた達が傷つくのはもっと辛いわ。無理はしないでね」

「ふん。俺たちをなめるな。状況4にならんかぎり、お前も出番はねぇよ」

「そう願いたいわね」

「状況3の想定をみてくれ。これが敵に魔導士が出てきた時の対処だ」

「本当にプラッツ君とレイムさんの二人で大丈夫なの?」

「お! 俺だってやるときはやる!」

「私も微力ながらお手伝いさせていただきます」

「たしかに今のレイムさんの魔力障壁なら、並みの魔法士・・・が出てきても大丈夫とは思うけれど……」

「ミレーヌ。お前と話しててわかったんだが、お前の基準と俺たちの基準はかけ離れすぎてる。安心しろ」

「そうは言うけれど……」

「心配なら王国が進軍してくるまで、二人を徹底的に鍛えてやれ。それで十分だ」

「大丈夫ですよ。いざとなれば私も出ます」

「ロドリゲス神官長……」


 たしかにロドリゲス神官長は治癒と防御の魔法の覚えが早いわ。

 もともと魔法に慣れている人はやっぱり違うわね。


「わかりました。二人とも、手を抜かないわよ?」

「おう! とうとう俺も攻撃魔術を……!」

「わかっていると思うけれど悪用厳禁よ? それと魔術じゃ無くて魔法よ」

「わ、わかってるって!」


 いまいち信用出来ないけれど、現時点で一番伸びしろがあるのも事実ですからね。


「よし! 話はまとまったな! 状況想定は17考えておいた。全員良く資料に目を通しておいてくれ!」


 こうして私たちは戦争の準備をする事になったの。

 はぁ……。

 どうしてこうなるのよ。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます