「誰にでも一作は名作小説が書けます」

作者 大竹斬太

23

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました

★★ Very Good!!

――

誰でも運が良ければ高い評価を得られる作品を書ける、ということを述べた作品。多くの作品を書いていると、作者が述べている状態に陥る作家さんも多いと思う。
作者の述べる、少数の「書ける人」が『プロ』ということなのかもしれません。とにかく作品をたくさん書いてみて名作が生まれるのを待つ、というのも打開策かもしれませんが。

★★★ Excellent!!!

――

 創作論として、とても面白いです。しかし、正直ちょっと怖い現実だと思いました。作者の経験談も、「ああ、もったいない」と思うと同時に「自分ならどうしたか」を考えさせられます。
 「誰にでも名作が書ける」が、それが続けられるとは限らない。これが作家のタマゴであるここにいる書き手皆の性なのか、と思いました。

さんがに★で称えました

さんがに★で称えました