303 騎獣たちの落着と友人との再会




 冒険者ギルドの受付でシウ宛てに連絡がないか聞いてみると、思った通り伝言があった。

「『木漏れ日亭で宿泊中―キアヒ―』か。ありがと、じゃあ――」

 クラルにお礼を言って去ろうとしたら、止められた。

「待って、シウ。ギルドからも連絡があるんだ」

 と言うので別室に向かう。少ししてスキュイがやって来た。それで思い出す。先週の山賊退治の件だ。

「まず、卵石だけどね」

「はい」

「聖獣だったら、シアン国へ提出だって」

「先に鑑定しますか?」

「いや、それはないよ。手間だから、というのが保護局からの返事。こちらで確認してくれと全権委任だね」

「分かりました」

「……君、卵石の中が何か、もう知ってるね?」

 スキュイの質問に、シウはにこりと微笑むだけで答えはしなかった。彼は苦笑して、続けた。

「では、次に。連れて帰ってきた騎獣、十五頭だったかな? これは自由にして良いそうだ。君が面倒を見るのならそのままどうぞ、という返事だった。シアン国からも連れてきてくれとは言われていない。まあ、それにかかる費用、というより食事を用意するのが大変なんだろうね」

「分かりました。僕が引き取って、しばらくは養育院で管理します」

「……もしかして、騎獣屋をやる?」

「それも考えてます」

「なるほど。楽しそうだ。その時は冒険者ギルドへも話を」

「もちろん」

 主に、冒険者へ貸し出すだろうからだ。

「山賊が抱え込んでいた財についてだけど、幾つか確認したいという話がある。シアン国からはなかったよ。あちらの商家は巻き込まれていないようだね。品のリストは、こちら。できれば僕に確認させてもらえると助かる」

「構いません。今、出しましょうか」

 了承されたので、机の上に置いていく。魔法袋から取り出すという体で、いつものように空間庫からだ。

「アイテムボックスの数も増えてきたとはいえ、君はやっぱり規格外だよねぇ」

 スキュイは呆れた声で言い、それから「あ、それだね」などと品を示してきた。

「これらの品を買い戻したいそうなんだが」

「金銭は不要です。ただし、本当にその人のものだと判明しているか、確認はしてもらいたいですが」

「了解した。……ありがとう、シウ君。いや、シウ殿」

「いいえ」

 スキュイが言い直したのは、シウがもう成人したからだろう。対等な相手として彼は認めてくれたのだ。

「じゃあ、残りは君のものだ。処分はそちらで?」

「闇ギルドへ任せます」

「了解。さて、最後だ。君が救助した隊商からお礼の手紙をもらっている。週末に連絡を受けたのだけど、君、出ていただろう? 本来ならきちんと接待したかったそうだけど」

「ああ、それはもういいです。救助もギルド仕事のうちだと思ってますし」

「うん。それでも、だよ。ギルドからもお礼を言わせてくれるかな。本当にありがとう。君の迅速な対応には感謝している。ギルドからの報奨も出ているので後で受付で確認してくれるかい?」

「はい」

 ということで、大まかな話は終わった。

 他に書類にサインなどが残っているが、そちらは後ほど屋敷へ届けてくれる。

 受付でも確認だけだったので、シウは急ぎ足で冒険者ギルドを後にした。



 中央地区にある木漏れ日亭は、中級から上級冒険者向けの良い宿だ。

 当然、食事処もお高いので、シウは冒険者仲間と訪れたことはない。皆で食事に行くのは、大抵もう少し、いやかなり下のランクである。わいわいと騒がしいところばかりだ。

 久しぶりに落ち着いた雰囲気の宿に入る。ラトリシア国の宿は、どこかきちっとしたイメージだ。シュタイバーンが牧歌的なのとは正反対である。形でたとえるとラトリシアは四角、シュタイバーンは丸い。

 受付も、専任の執事らしき男性が詰めていた。直立不動だ。

「シウ=アクィラと申します。こちらにキアヒ=ディガリオ殿が宿泊していると伺って、参りました。取次をお願いします」

「かしこまりました。アクィラ様ですね。承っております。しばし、お待ちを」

 そう言うと、彼は後ろへ声を掛けた。見習いらしき小さな少年が立っており、彼に言付ける。呼びに行かせるようだ。

 受付の男性は、シウを食堂へと案内してくれた。

 美しく磨き上げられた床といい、本当にきっちりとした綺麗な宿だった。深い色味でまとめられており、冬のルシエラ王都に合っている。夏だと重い気もするが、これもラトリシア風と言われれば、納得だ。

 シウは窓側の席に案内された。飲み物は後でいいと断り、キアヒたちを待つ。

 ほどなくして、やって来た。

 シュタイバーン国や、デルフ国で出会った時よりも良い服を着ている。それに大人っぽくなっていた。もはや青年などと呼んではいけない。立派な男性だ。

 そして、ラエティティアは――。

「ティアは変わらないね」

「いやね。シウったら。女性に年齢のことを匂わせてはいけないのよ」

「あ、ごめん」

「ふふふ。いいの。それより、久しぶり――」

 言いかけた彼女を押しのけるように、グラディウスが割り込んでくる。

「シウ! シウシウシウ!! でかくなったじゃないか!!」

 ガツンとぶつかるように抱きついてくるや、すぐさまシウを抱えあげようとした。

「おっ、重い!!」

 が、想像より重かったらしい。叫ばれてしまった。

「僕も大人になったからね! ていうか、持ち上げようとしないで……」

 不安定な形でぐらつくので慌てていたら、両隣から助けが入った。

「おい、相手を子供のつもりで抱き上げるのやめろよ」

「そうだよ。大人を担ぐなら、もっと腰を入れて下から持ち上げないと」

 微妙にニュアンスの違う言い方でグラディウスを咎めたのは、キアヒとキルヒの双子の兄弟だった。

「キアヒ、キルヒ、元気そうだね」

「おう」

「シウもね。ああ、でも本当に、大きくなったね」

 二人は出会った頃はまだ二十歳そこそこの青年だった。今は二十五歳のはずだ。冒険者として乗りに乗ってる様子で、貫禄のようなものが見え隠れする。

「もう頭を撫でられないな」

 キアヒが懐かしそうに目を細めて言う。シウの幼かった頃のことを思い出しているようだ。

 ラエティティアも視線を上下に動かして、微笑む。

「ほんと、背が伸びたわね」

「うん!」

「あら、でも、以前より子供っぽくなったんじゃない?」

「え、そう?」

 シウも薄々そんな気はしていたのだが、心配になってラエティティアを見上げた。そう、残念なことにシウはまだ彼女を見上げる身長なのだ。

「今の方が良いわよ。年相応で、可愛いもの。ね、キアヒ」

「俺には変わってないように見えるけどなぁ。ただ、周りの人間に恵まれてきたのかな、とは思うぜ」

 彼の言うことは分かる。シウは笑って頷いた。キアヒは、

「良い経験したって、その顔が言ってら」

 なぁ、とキルヒに声を掛けている。

「本当に。シーカーへ来たのはシウにとって良い選択だったみたいだね」

「あら。じゃあ、それは推薦した、わたしのおかげってことじゃないかしら。ねえ、シウ?」

「そうだね。ありがとう、ティア」

 シウが素直にお礼を言うと彼女は少しだけ真顔になって、それから苦笑した。


 グラディウスは緩んだ二人の手から逃れると、腕をしきりにさすっていた。どうやら強く止められたらしい。ちょっと拗ねた顔をしつつ、話が一段落したのを見てとると、また大声で話し始めた。

「もっと早くにな、助けてって通信が入ると思っていたんだ。でも、待てど暮らせど連絡が来ないじゃないか。だったら、こっちから様子を見に行こうってことになったんだ」

「助けてって……」

「シーカーで、いじめられてるかもしれないだろ!」

「ああ、うん」

 それにな、と話を続けるのだが、グラディウスの後ろではラエティティアが腹を抱えて笑っている。

 何やら要らない情報を与えた人がいるようだ。シウは呆れた視線を彼女に向け、それからグラディウスの腕を軽く叩いた。

「なんとかやってるよ。でも心配してくれて、ありがと」

「……うむ。まあ、そうか。良かった」

「何、偉そうに言ってんだよ、グラディウス。ギルドで聞いただろ?」

「そうそう」

 キアヒの言葉にキルヒが頷いて、話を継いだ。

「もう五級なんだってね。近々四級へ昇格するって話もあるそうだし。何よりも、シウの功績を聞いて俺たち驚いたんだから」

 身を乗り出して言うので、冷静な彼らしくなく興奮しているのが分かる。だからだろう、ラエティティアは皆を落ち着かせようと椅子を示した。

「ね、まずは座りましょうよ。それに注文しないと、彼が困っているわ」

 と、直立不動で待っている執事の男性を指差したのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます