256 王子の本当の強さ




 ジークヴァルドが王城の外門まで送ってくれるというので、シウは有り難く付き添いを受けた。

 事前に頼んでいたらしく、宿舎の前の停留所に馬車が停まっている。

 すると、待ち構えていたのだろう、宿舎に併設されている獣舎の方からディジオたちが出てきた。

 ウルホが警戒する中、ディジオはニヤニヤと笑って近付いてくる。

「密談は済んだのか。たかが下民がここまで来るとはな。それを許す方もどうかと思うが……もっとも、そうした身分はもうなくなるのでしたかね?」

「貴様――」

 相手の言い様に腹を立てたのはウルホだった。が、ジークヴァルドがすぐさま止める。

「ウルホ、下がっていろ」

 ジークヴァルドに窘められて、ウルホは渋々後ろへ下がった。

「同じ騎士として、いや、騎士の先輩として教えてあげましょう」

 ディジオはジークヴァルドに上から目線で話しかけている。怒らせようとしているのかな、とシウなどは思ったが、ジークヴァルドはどこまでも冷静だった。

 なんだ? という顔で軽く頷いた。

 ジークヴァルドは騎士学校にも通っていたし、そうした空気が好きなのだろうが庶民のような言葉づかいをする。

 でも、持って生まれたもの、王族として育ってきたものは身に染み付いているようだ。

 仕草はどこまでも優雅で、上品だった。

 だからか、ディジオは少し鼻白んでいた。

「……っ、どう、唆されたのかは知りませんがね。鳥型に乗るなど、恐れを知らぬ行いだ。同じ騎獣隊の騎士だからこそ、教えてやりますよ。そうした行いは許されないのだとね。今なら、物知らず、ただの無知だったということで済みます」

 驚いた。

 無知はどちらだ。

 過去、ポエニクスにもアスプロアークイラにも乗った者はいるというのに。

 確かにポエニクスに乗るというのは――恐れ多いというよりは相手の性格上――難しいだろうが。

 ジークヴァルドも騎獣管理塔へよく行くから、研究者とも話をするはずだ。そうしたことは知識として理解している。

 だから、目を細め、どこか憐れむようにディジオを見ていた。

「……それで?」

「それで? だから、言ったとおりのことですよ。無様な姿を見られたくないでしょう? そいつは口だけは達者だ。上手いこと言いくるめられているのでしょうが、気をつけた方がいい」

「なるほど」

「分かっていただけたようで何より。ブロスフェルト師団の者も注意はできなかったのでしょうな。やはり、コルヴィッツ師団に今からでも――」

「エリクソン殿」

 話している最中に止められたせいか、ディジオは一瞬だけ不快な目をした。しかしすぐに、どこか媚び諂うような、妙な笑みでジークヴァルドを見た。

「なんでしょう?」

「アスプロアークイラへ乗ることに関して、決めたのはわたしだ。研究員たちと話し合ったが、決めたのはもちろん騎乗者となるわたしだ。そして、本日はシウ=アクィラ殿をお招きして、ご指南いただいた。いわば、大事な客人だ」

「は――」

「それ以前に、シウ殿は、我が国にとって大恩ある御方だ。知らなかったのならば『物知らず』『ただの無知』だったということで済ませよう。改めて、わたしが教えてやる。シウ殿は、一三四五年風薫る月に起こった王都北東の魔獣スタンピード事件の、功労者だ。発生を知らせてくれたばかりか、初動を間違えずに抑えてくれた、恩人である」

「……いや、それは」

「貴族の中には、魔獣を発生させた張本人だと言い出す愚か者もいたというが、後に調査で判明した結果はそれらを全て否定した。彼の初動対応なくして、王都の無事はなかった。ましてや、あれほど早く解決に導けたのは、狂化した魔獣たちの間引きを手伝い、強力な魔道具を与えてくれたからだ。これらもまた、後ほど、詳細に調査報告された。担当したのはブロスフェルト師団だったが、コルヴィッツ師団にも詳細は知らされていたはずだが?」

「それは――」

「あの事件のきっかけは、貴族のバカ共にあらぬ嫌疑をかけられて家族を殺された者たちが、集まって起こしたものだった。禁忌の魔道具『魔獣呼子』を使って、自らの身体を餌にしてまで貴族への仕返しを狙った。……予想外のことが重なったおかげで、彼等が想像した以上の結果に陥りかけたがな。それら全てを抑えてくれたのがシウ殿だ」

 立て板に水のごとく話すジークアヴァルドの様子に、ディジオはもはや、反論する気持ちがなくなったようだ。後ろでニヤニヤ笑っていた騎士仲間たちも、顔色が悪い。

「……当然、国として、シウ殿には報奨を与えた。その中には、授爵の話もあったのだ」

「え?」

「そ、そんなまさか」

「そうなのか?」

 騎士たちは顔を見合わせている。

「断ったのはシウ殿だ。今なら、何故断ったのか、わたしにも分かる気がするよ」

「殿下――」

「事件のきっかけは護衛たちの暴走だった。復讐のための行いだった。では、その原因はなんだ? 貴族の、貴族として許されないふるまいのせいだ。犯人らの行ったことは決して許されることではない。だが、彼等をそこまで追い込んだのは、誰だ? 幾人かの貴族だけが原因だったのか? 彼等が傲慢になる素地が、あったからではないのか? 無知であろうとも、貴族に生まれた者は、分かっていなくてはいけないことがある。『貴族たるもの、その身分に相応しい振る舞いをしなければならぬ』。これは、傲慢にふるまえ、という意味ではない。騎士学校でも習ったはずだ。そうではなかったか?」

 最後の言葉を強く、言う。

 ジークヴァルドに促されたと思ったのだろう、ディジオは俯きながら、ぼそぼそと応えた。

「『その身分に応じた、社会的責任と義務を果たすこと。卑怯なふるまいをよしとせず、品位をもって示すこと。正しい行いをよしとし、蔑むことは人ならず。弱き者を助ける者であれ』です」

「今一度、それを復唱してほしい。己の心の中でな」

「……はい」

「シウ殿にこそ、授爵は相応しいと、陛下は仰っていた。その意味を考えてくれるか」

「わかり、ました」

「その後で、どうかわたしに同じ騎獣隊の一員として、いや、先輩として教えを」

「え?」

「教えを請いたい」

「殿下」

 ジークヴァルドは肩を竦めて笑った。

「わたしには、そう呼んでもらえる身分がもうないのでは?」

「あ、いえ――」

「冗談だ。どうか、ジークヴァルドと」

「……はっ。ジークヴァルド殿下!」

 青くなっていた騎士たちを含め、ディジオも、困ったような気恥ずかしそうな顔をしてジークヴァルドに返事をしていた。


 こうやって諍いを収めるのかと、シウはジークヴァルドの手腕に感心した。

 シウでは相手を怒らせるだけだった。

 ジークヴァルドの言葉は、それ自体はきついものだが、口調はとても柔らかかった。穏やかに諭すように。

 そう、ゆったりとした独特の韻があった。

 これが王族の力なのだ。

 頼りなさそうに見えても、庶民のような口調を真似ていても。

 彼は確かに、貴族の上に立つ王族なのだった。



 馬車の中でシウがすごいねさすがだねと褒め称えていたら、照れたらしいジークヴァルドに叩かれてしまった。

 そうして笑いあっていると、門に到着した。

「ここでいいのか? 外馬車を呼ぶぞ?」

「ううん、ここで。夜風に当たるのも気持ちいいよ」

「気を付けてな」

「うん。またね」

「次は、カロスともども負けない。ブランカ、勝負しような?」

「ぎゃぅ!」

 する、と機嫌よく答えて、ブランカは尻尾をゆーらゆらと振った。

 彼女はさっき、シウが何やら言われているのを黙って見ていた。それほど敵意があるわけではなかったこともあるが、彼女もまた成長している。

 クロも、冷静に状況を判断しているようだった。

 カロスはブランカの上で動揺しているようだったから、まだまだだ。

 クロが大丈夫だよと慰めていた。



 貴族街を抜けて歩きながら、そう言えばと思い出す。

 魔獣スタンピードが起こったあの場所は、現在、整備されて稼働を待つ状態だ。

 今年の中頃、あるいは終わりまでには本格稼働となる。

 その為、急ピッチで街が造られているところだ。

 迷宮内はすでに軍が入って、間引いているらしい。訓練を兼ねているため、街には常駐する場所も取っている。

 街の中心地は出来上がり、様々なギルドが動いていた。商人や、出入りする業者、宿屋、食事処なども。

 地下迷宮開きはもう少し先だが、街自体はもう活動している。

 シウも招かれているので、行く予定だ。

 運営など、権利は全てシュタイバーン国へ渡しているが、使用料のような形で毎年口座に振り込まれていた。

 街が本格的に開けば、更に増えるという。

 別に要らないのになぁと思うが、それをどこかに投資してもいいかと考え直した。

 特に、希少獣たちの養育院をこれからも作っていくのなら、寄付だけでは運営できなくなるかもしれない。養育院用の口座に振り替えてもいいかなと考えているうちに、ベリウス道具屋へ帰り着いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます