ONE

如月ふあ

第一章 導く者

第一話 移民の星の特区

 今、死の砂漠で拾われた一つの種が、命の星の上で実を結んだ。

 それまでには、多くの水を必要とした。

 たった一人を生かすための水。しかし、そこからまた種は森となるのだ。


 ──ひとつに。たったひとつに。

 魂の根源は繋がっている。見渡す限りの白い世界に、薄く張られた水のように。

 その水に触れる。その水に色を差す。

 輝きが、波紋が連鎖する。光が、色が、波が広がる。

 純化された存在は、その透明な世界の中心にいた。

 全てのみなもとの中心に。


 ◇


 黄昏時。大きな窓の前に立ち、彼は淡い紅を溶かした空を見上げていた。

 肩まで伸びたクリーム色の髪が、その光に染まる。

 空には星のリングが美しく煌めき、彼方にある血に飢えた場所すら忘れさせるほどだった。


 シャルー星。

 ひとつの国家が治めるこの星には、広い海と五つの大陸があった。

 その大陸のひとつ。政府組織の置かれた重要な大陸にあるのが、この空軍基地『特区』である。

 特区は、この星の軍人なら誰もが目指す場所。士官学校を出てもトップクラスの成績でなければ入隊を許されることがない、特別な場所だった。


 カツミ・シーバル。彼はこの基地に所属する十九歳の新人パイロット。

 幼さを残すが、他人の視線を惹きつけてやまない秀麗な容姿をしている。

 窓を離れた彼が、小さく溜め息をこぼして振り向いた。逆光に照らされた身体は、しなやかな猫を思わせる。


 その瞳は夕陽を映しとった血の色。

 虹彩異色オッドアイ。右の瞳は淡い琥珀トパーズの色。そして左の瞳は深紅クリムゾン


 ただその美しい瞳は、いつも他人を拒絶していた。

 新人の中では群を抜いて優秀であるが、彼の笑顔など誰も見たことがない。

 カツミの父が特区の最高責任者であり、彼が数少ないA級の特殊能力者というのも原因である。


 冬のモアナは見る間に地平線に滑り込み、後には青く深い夜が眠らないこの基地を覆う。

 ひと月もしないうちに初雪が降るかもしれない。そう思いながら、カツミが苦い記憶をふるい落すようにわずかに首を振った。


 十一月の始め。

 四季のある大陸は、長雨の季節を超えると本格的な冬となる。

 現在は休戦中だが、この星はもう百年ものあいだ戦争と休戦を繰り返していた。

 ここは移民者の開拓した星。戦争の相手は元々いた母星である。

 独立のための戦い。しかしそれが百年も続くと、当初の士気など完全に摩耗する。


 戦争は経済活動の手段なのだ。二つの星はこのゲームによって利益を循環させ、持たれあいの関係を続けている。

 一部の者だけが利潤を得る茶番に、国民が疑問を覚えることはない。情報は完全に管理され、人々は偽のユートピアに住んでいた。


 長い歳月に膿み病んだ世界に、矛盾と諦念をはらみ特区は存在している。

 戦いのない日々を知るものは、もはや一人としていなかった。


 ◇


 十二階の大きな建物が、カツミ達が寝起きしている寮である。隣には小さな森があり、それを縫うようにして遊歩道が整備されていた。

 広大な基地周辺には商業施設も居住区もある。ここは大きな都市と言ってもいい。

 昼夜を問わず離着陸する戦闘機の爆音。明々と照らされる誘導灯。常時監視を続けるレーダー施設。

 日常から隔離された特別な場所だが、全てがゲートの内部で事足りるようになっている。


 基地の地下にはムービングウォークがあり、全ての施設に通じていた。寮に戻るのもこの道を乗り継ぐ。

 カツミは擦れ違う隊員の視線を避けるようにして、速度のある歩道の上を足早に歩く。ここを走っていいのは緊急の時のみ。そんな規則さえ忌々しく思っている。


 いつにも増して今日のカツミは苛立っていた。彼は自分のことを幼いとは思っていないが、他人の評価は違うらしい。

 大人と子供の狭間。ゆらゆらと大きく揺らぐこころ。その彼の純粋な部分は、暗い過去のせいですっかり削ぎ落されている。


「ジェイ」


 カツミが小さく呟く。自分を拒絶する世界。それに抗う唯一の呪文のように。

 今日は会える。

 すがっている自分を情けなく思う。しかし彼には他に縋れるものがない。


 ──いのちのクリムゾン。死のトパーズ。

 彼はまだ何も知らない。課せられた定めを。自分がこの病んだ世界を変える存在であることを。

 鳥籠の鍵を手にすることが、この星を解放に導くことを。



 ◇ ◇ ◇


 注釈・「ONE」時間についてのルール。

 1ミリア(地球での一時間)。1ミリオン(一分)。1ミレル(一秒)。

 一日は24ミリア。1サイクル(一週間にあたるが五日間)。

 一か月は4サイクルで二十日間。一年は十二か月。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます