決着

 俺は、迫りくる刃に対峙する。



「――ちょっと、借りるからな」



 彼女が詠唱をしている間に、『繋いで』おいたそれ。


 道中拾った——音無のヘッドホンだ。

 今それが、俺のミュージックプレイヤーに繋いである。


 覚悟は決めた。

 本日二度目の——『同時発動』だ。

 俺のイヤホンよりもずっと質がいいソレと、プレイヤーに俺は手を添えて。




「――『『増幅』』!!」



 それは、本当に単純な――音の強化。


 トリガーを引いたその瞬間に、『再生』を押した。


 同時に音の方向を一直線に、仮面に向ける様、ヘッドホンを持つ。


ダイヤルを目いっぱい――音量最大フル・ボリューム




「っ!?何で――」




 俺に向かってきた紙の刃達は、押し返され地へと舞い落ちた。

プレイヤー、ヘッドホンとで増幅した『音』の仕業。


 ありったけの音が空気を振動させ、彼女へと向かった『音の波』が刃を跳ね返す。

紙の様に薄く軽い刃。相殺するのは容易という訳だ。


 そして。



「っ!?——ああああああああ!!」



 その余波は――当然彼女にも襲い掛かっている。

大音量の『ロックンロール』。俺のお気に入りの、重低音が堪らないサウンドだ。

あれだけの魔法を発動した直後のカウンター……為す術もないだろう。


 耳を抑え、悲鳴を上げる仮面。

 俺はそれに、ゆっくりと近付いていく。


 懐から、あるモノを出しながら。



「聞こえてるか?仮面」


「ぐっ……な、なんすか――ひっ!?」


「次は、お前を切刻む事になる。良いか?」




 忍ばせて置いた『カッターナイフ』を、耳鳴りに唸る彼女に向ける。

 刃をギチギチと出しながら。


 うん。


 ……勿論脅しだ。正直絶対に使いたくない。

 ただまあ、脅しとしては確実に効果があるだろう。



「はっ、ひっ、お、お願いっす。助けてください……」


「……このまま警察にでもお前を連れて行く。黙って着いてくれば――」


「――『再生紙リサイクル』!」



 恐怖に歪むその表情が一瞬で笑みに変わったと思えば――彼女が目の前から『消える』。


「な――」


「――へへ、油断したっすね!『ウィンドステップ』!」


 声は――俺のすぐ後方。


「ま、待て――」


 振り返って追おうとしようとするものの、遅い。


 もう既にこの部屋から出ようとする所だった。



「……流石に、これ以上は無理か」


 出血を続け、力を酷使し続けた身体。

 正直立っているのも辛い。走って追いかけるなんて持っての他だ。



「やべ……」



 フラッと揺れて、思わず座りこむ。


 ……どうする。アイツがもし助けを呼んだとすればかなり不味いぞ。

 音無は疲労で意識を失っている。拘束を解いて、早く脱出しないと――



「……マジかよ」



 見れば、音無の手足には特殊な金属で作られた輪に、がっしりと錠をされている。

 いや、錠と言うには『鍵穴』がない。

 銀に少し青みがかかったそれ。こんな状況じゃなければ、見惚れる程に綺麗だ。


 そのままおぶって脱出――と考えたが、不可能。

 ご丁寧に台座の様なものに付けられているのだ。


 ……これ、かなり頑丈だよな。



「はあ……やるしかないか」



 俺は鞄から、筆箱、そしてハサミを取り出す。


 イメージは――鉄をも断つ双刃。

 頭の中で、刃を研磨していく。


 完成すると同時に、トリガーを引いた。



「『切味最大』……よし!」



 手に持つそれは、力を入れずとも二つの刃で厚い金属の手錠と足枷を切断する。


 力を振り絞ったにしては良い出来だ。


 しかし。


「――っ……くそ、もうちょっと持ってくれよ――」



 フッと、意識が切れる。

 無理もない、限界を超えて更に能力を使ったからな。


「くっ――」


 意識を持ち直そうとしても、ガクンと落とされる。


 まずい。


 ここで、落ちるわけには――




「……!あ、碧君――」



 ……意識が切れる間際。


 俺は、声を聞く。俺に対して、必死に絞り出すようなそんな声だ。


 これは……もしかして音無のか?



「――『サウンドヒール』――っ」



 倒れそうになる俺の身体が、抱かれて止まる。

耳に、さっき使ったヘッドホンが掛けられて。


 同時に――柔らかく、暖かい『音』が、身体の中に響き渡った。

 優しいピアノのような、オルゴールのような……そんな音色。



「……何だ、コレ……」



 仮面の攻撃で受けた痛みや、出血が緩和される。

 身体の芯から、何かが俺を暖めてくれた。


 ゆっくりと目を開ける。

 そこには心配そうな顔をした、音無が居た。


「ありがとな――音無。もう大丈夫だ」



 彼女が何をしたかは分からない……ただ、おかげで『回復』した。


 落ちかけた意識も持ち直している。

 ったく、何を勝手に倒れかけてんだ俺は——



「……っ」



 安心したのか、今度は逆に俺に寄りかかる音無。

 意識を失っているのに加えて、息が荒い。


 先程の魔法――あれは、最後の気力を絞ったモノだったのだろう。



「……あお、い、君…碧、く……」


「ああ、俺はここにいるから。もうちょっとの辛抱だ」



 俺を呼ぶ様に唸る音無をおぶって、『ルート』を頭に描く。


 交番……いや、音無の事を考えると先に病院だろう。

 とすると、この先二キロメートル程だ。


 通行人に助けを求めても良いが――それならもう、自分で走った方が早い。



「――『走力、強化』!」



 音無が俺にくれた最後の力を、俺の靴に吹き込み。


 俺達は――外へと脱出した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

道具使いの非日常 aaa @aaa168

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ