音無奏の声①

「出席とりまーす!〇〇君!⬜︎⬜︎君!××君!」



今日も元気な担任の声から、朝のホームルームは始まっていく。


朝の眠気が少し残るが……これのおかげで目が少し覚めるな。ほんの少し。



「ーー音無さん!……欠席かな?あれ、何も連絡貰ってないんだけど……まあ先に、△△さん!」



先生が困ったように呟く。そう……今日は隣の音無が居なかったのだ。


てっきり風邪か何かと思っていたが、連絡が無いとなると寝坊か何かだろうか?


まさか寝る時もヘッドホン着けてたりしないよな、音無……



「点呼終わり!誰か、音無さんから何か聞いてたりしない?」


「「「……」」」



そういう先生の問いに、無言のクラスメイト。



「うーん、そうですか……また後で電話してみようかな。今日の連絡事項はーー」



そのまま、ホームルームは進行していく。


誰も居ない隣席ってのは思いの外寂しいもんだな。



――――――――


――――――


『キーンコーン……』



チャイムが鳴る。


結局音無は、四時限目になっても隣に来ることは無かった。

寝坊にしては遅すぎる……恐らく病欠だろう。


「寝よ」


今日はやけに眠い。というか怠い。


何故かは分からないが……俺も疲れているんだろう。

誰かさんの病気がうつってたりしてな……


「これでいいか」


ポチポチと選曲する。


今日はよく眠れるように、静かめな曲にしよう。



『……♪』



やがて、俺の耳をピアノの音色が包んでくれる。


『……♪♪』


心地良い音色。

ゆっくりと意識が落ちてーー




『……◇……■□……』


「っ!?」



飛び起きる。。


……今。確実に、『何か』が耳の中で聞こえた。


反射的に取ってしまったイヤホンを、俺はまじまじと見てみるが……何もない。


「そうそう、それでさーー」


「次の授業体育だっけ?」


「俺の体操着ーー」



耳に伝わる教室の声。


そしてそれには、さっきのノイズのような声は聞こえなかった。



『…………』



何だってんだよ、全くーー


「……?でもこの音、どこかで……あ」



違和感。

耳に残ったノイズに、記憶が知らせる。



「……まさか」


ふと、過去の事を思い出す。


――『『i◆u□o◇u』!!」』――


数日前――昼休憩で決闘を持ち掛けられた時だ。


あの時のように激しく頭を振られたようなモノでは無いが……



『似ている』。根拠は無いが……そんな気がした。



「あの時の爆音は、音無なのか? 」



分からない。でも――あの時。俺は確かに……



『全くの他人だ。隣の席ってだけのな』



もしこの言葉で音無が傷付いていたのなら、合っている。


あの時は絡んできたアイツらを追い払う事しか考えていなかったが……そう考えると、俺は酷い事を口走っていた。


方法は分からないが、音無がずっと俺のこの言葉を繰り返し聞いていたのも分かる。

あの時は気が動転したが……


今となると――



「……はあ」



ため息をつく。音無をアイツらから守るつもりで言った言葉が――返って傷付けてしまったとはな。

……仕方ない。今は切り替えよう。


今どうのこうの考えた所で、このノイズが何かを教えてくれるわけでもない。



『……□……◇」



もう一度、イヤホンをつけて耳を澄ます。


「……やっぱ、聞こえるな」



もう、聞き間違いじゃない。


そしてこれが——何か意味するものだったとしたら。

もし、音無の『声』だとしたら。



、としている……のか?」



分からない。

でも――これは。


絶対に、聞き逃してはいけない気がした。



「もっと、静かな所に行かないと」



俺は、教室を出た。


このとても小さな声を――聞き逃さない為に。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る