入学編:エピローグ


 「はあ……」




決闘を終え、これでちょっとは俺を見る目も変わってくれるだろう……


そんな事を昨日――寝る前にほんの少し思っていた。


……ほんの少し、それで正解だったな……




「あれが、噂の?」「ああ……一対三十一で、全員降参負けだってよ」「はあ!?化け物じゃねえか!」




登校の最中、聞こえる声。


噂ってのは本当に広まるのが早いもんだ。


聞こえが悪い、俺は単純に攻撃を『防いだ』だけだってのに。



「――あの学年十位の『炎剣』も降参したって話だぜ!」



無意識に聞こえる声に耳を傾けていると、そんな事が聞こえる。


……へえ、かっけー二つ名持ってるんだな、アイツ。



思い出す。



昨日の煉の魔法は凄かった。

正直危なかった。炎に刃なんて、『服』とは相性最悪だったからな。


……実際、切れたわけで。

『炎剣』。その名の通りスパッとね!


「——あ!おい、あれ新型の魔動二輪じゃね?」「うわーかっけえ、やっぱ魔動二輪はウミサキだよな!」「わかるわかる」




俺の横をバイクのような乗り物が横切ると、噂話が消える。



そうだ……きっと、すぐにこれも消えてくれるだろう。

さっき横切って行った、魔道二輪とやらのように……



――――――――――





「……ぶっ!!」




校門に入った途端、紙のようなものが顔を覆う。


これは……新聞か?


俺は、顔に張り付いたそれを剥がして、何となくその一面を見る。



「は?」



見出しを見て、出た言葉がそれだった。




『号外!嵐の転校生!』


『一対三十一、制したのは転校生――『碧優生』!」


『転校初日で学年十位!!!」





「何だよ、コレ……」




見れば、ちらほらと生徒がこの新聞を持っている。


……『人の噂は倍になる』。



ある事無い事書かれてそうなそれを、俺は丸めてポケットに入れた。




「……もう、何つーか……いいや」



なぜか転校初日よりも突き刺さる視線を浴びながら、廊下を歩いていく。


どうやら噂は、中々消えてくれそうにないようだ。




「……」


「……」


「……」





明らかに俺を見る目が違う――前のよりかはマシ……いいのだろうか?



気にしたら負け、そう思う事にした。




「――ッ!」


「ひっ……」「き、来た……」



と、廊下の隅に煉が居た。プラス子分二人。


俺はその前で立ち止まる。



「――あ、碧優生……何だよ、アタシを笑いに――」


「おはよ、煉」



怖い顔をする煉を遮って、俺は笑って彼女に言う。




「っ――!」



不意を突かれた表情をする煉。


思えば前よりずっと顔も柔らかくなった。


うん、怖い顔よりそっちのがいいな。



「ああそうだ……また、あの魔法見せてくれないか?」


「ふざけんな――!ちょ、調子狂うんだよ、テメエは!」



顔を紅くして、そう言う煉。


……まあそりゃ簡単には見せてくれないか。


本当に綺麗だったんだけど。



「……ど、どうし……ってなら、また……」



俺が背を向けると、小さい煉の声が聞こえた。


彼女に珍しい、可愛らしい小鳥程度のそれ。


意識を向けていなかったせいか、聞き逃してしまう。



「……何か言ったか?」


「な――何でもねえよ!どっか行けよ!」



はは、冷たいな。まあいっか。


だがまあ……話せる?奴が一人増えた。


これは、大きな前進だな。





―――――――――



「……今日も頑張るか」



教室に入り、少し居心地の変わった机に座る。


まだまだ二日目。ここでの生活は始まったばっかりだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る