故郷がえり

作者 黄間友蚊

故郷って何だろう?

  • ★★★ Excellent!!!

 日頃は故郷を思いだしもしなかった「僕」が、無自覚に……故郷へ帰る選択肢になる要因は、自分の一部である思い出を確認したかった。

 だから、思い出と異なる現状を確認したくない「僕」もいる。
 
 「ダム」という急激な変化を及ぼす存在は、過ぎ去っているべきはずの時間を現実のものにする。「僕」の思い出を「思い出」という形にして現実から引き離す存在。

 環境を変化させる不可逆な活動と、いつでも即座に戻れる思い出を整理する過程で感じる葛藤を感じました。

 ……うまくまとまらなくて申し訳ないです。

 情景描写の美しさと相まって辛い現実(外形的にも内面的にも)と向き合わなければならない人の生の一部を描いた作品に思いました。

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

湯煙さんの他のおすすめレビュー 326