《第19章》そんなこと言った?

RYUのドッペルゲンガー?が出現したお祭りから、

しばらくしたある日、

RYUはいつものようにお店にやって来た、、、


「お前○○まつりに来てたな!」


そう言って俺が撮ったもう一人のRYUの写真を見せた


「えぇ〜〜、俺行ってないよ〜〜」


あれ?

Tさんやみんなから聞いてた反応と違う、、、

ドッペルゲンガーなんているわけないし、

そんなことあるわけないと思ったのか、

ノリが悪い、、、

軽くムカついた俺は


「お前来たよ!おばあちゃんのところから遊びに来たって言ってたよ」


と真顔で言ってやった、、、

すると、


「えぇ〜、ホント?ウソでしょ??」


と今度は少し不安そうな顔になった、、、

ちょっと面白くなった俺は、


「おばあちゃんの家が近いなんてこと、他の人が知ってるわけないじゃん!」

「俺そんなこと言ったのかなぁ〜〜??」


少しづつ困惑し始めたRYU、、、

(なんで困惑するねん^^;)


「疑うならみんなに見てもらおうぜ!」


そう言って正真正銘同日同時刻に、

別々の場所で撮られた二人のRYUの写真を、

お店の掲示板に貼り出した!


それを見たみんなは、


T


と、驚いていました、、、




『店長の言うことはホントか冗談かわからないんだよ・・・』by RYU

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます