《第14章》RYUのおつかい season1

ある日RYUにおつかいを頼んだ


「RYU!レターパックを2枚買ってきて!目の前のコンビニで売ってるから!」

「え〜〜〜、まぁいいよ、、、」


しばらくすると何も持たずに帰ってきた、、、


「ねぇ〜、コンビニってどこのコンビニ?」


どうやら裏のコンビニに行きやがったらしい、、、


目の前のコンビニって言っただろうが!

わざわざ遠いほうに行くなよ!


と思ったが、

小学生にこんなおつかいを頼んだ自分のほうが悪い事に気付き、


「売ってるのは目の前のコンビニだからね」


と、やさしく伝えてもう一度行かせてやった、、、


しばらくすると手にレターパックを持っていたので、

(今度は大丈夫だったか)

と安心していると、

一枚のレターパックとレシートとお釣りをポイっとレジに置きやがった、、、


「あれ?もう一枚は?」

「え⁉︎2枚?聞いてないよ、、、」


最初に言ったじゃねぇか!!


と思ったが、

小学生にこんなおつかいを頼んだ自分のほうが悪いことに気付き、


「じゃあ、もう一度行ってきてね」


とやさしく伝え、さらに


「お釣りで自分のジュースでも買ってきな!」


とジュースを奢る優しさをみせて、

もう一度行かせてやった、、、


しばらくすると、

買ったジュースをちびちび飲みながら、

片手にレターパックを持って帰ってきた、、、


「ありがとう、、何度も悪かったね」


とやさしく笑顔で伝えたが、

レシートが無いことに気付き、


「あれ?レシートは?」

「え⁉︎いるの?、、、いらないと思ってもらってこなかったよ、、、」

「・・・・・・・・」


さっきはもらってきてるじゃねぇかーーーー!!!!!!


と思ったが、

小学生にこんなおつかいを頼んだ自分のほうが悪いことに気付き、、、


何食わぬ顔でジュースを飲んでいるその表情が、

本気で憎らしくなってきた、、、


RYUよ、、、


一体お前に出来ることってなんなんだ、、、


お前は何が出来るんだ、、、、、




『ちゃんと細かく指示しない店長が悪いんだよ』by RYU

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます