《第10章》第1回大ヴ○○○大会

当店でヴ○○○○○熱が最も盛んだったころ、

第1回大ヴ○○○大会は開催された!


(参加費無料・優勝商品3000円分の当店お買い物券)


という大盤振る舞いのため、

いつもは10名程しか集まらなかった大会が、

30名ほどに膨れ上がった!

その中には自分も含め、

当店従業員3名も参加!


そして当然アイツもいた、、、


組み合わせ抽選、、、

なんの因果か偶然にも、

俺の初戦の相手はRYUになってしまった、、、


内心ヤバいと思った、、、


というのもこの頃から、RYUは新しいデッキを使いはじめていた、、、


新しいカードの効果を知らなかった俺は、

一度だけあっさりと負けてしまったことがあった、、、

(あの時のRYUは勝ったくせに澄まし顔でメチャクチャムカついた!!)


自らが開催した大会、、、

参加者も30名近くいる、、、

そんな中カード屋の店長がこんな奴に負けたとあっちゃ、、、


もうお店をやめるしかない、、、

廃業だ!!!

それだけはなんとかして避けなければ、、、


ところがRYUは最初の手札の段階で事故りやがった、、、


小学生が相手の場合、

いくら大会でも最初の段階での手札事故は、

もう一度手札交換させてあげようと思っていた、、、


が、そんなの関係ない!!!

俺は思いっきりファイトし、

あっさり勝ってやった!!!


RYUは

「絶対見てたでしょ!インチキされた!」


などとほざいていたが、

そんな事は当然やってない!

正々堂々とルールの中で戦い、

俺が勝ったのだ!!!


ヴワァッハハハハハ〜〜〜〜〜!!!


RYUよ、

まだまだ俺の壁は高いのだーーーーー!!!




『デスカットされたんだよ〜』by RYU




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます