死ぬほどキミに恋してる

作者 桜井今日子

68

23人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

今にも光り輝かんばかりの随一の貴公子・源氏と彼をとりまく様々な姫君(プリンセス)達。彼らの恋物語が、私達に馴染み深い童話を織り交ぜながら描かれています。
様々な恋物語を繰り広げる源氏と、彼と対等に渡り歩く強き女君(プリンセス)たち。この作品では『源氏物語』にはなかった新たな女君(プリンセス)達の可能性が広がります。『源氏物語』では源氏に翻弄されているイメージが強かったあの女君も、源氏の言葉を鵜呑みにするだけではありません。時にささやかな復讐も……?
この作品を読むと『源氏物語』の世界がどんどん広がっていきます。
平安時代の人々にも読んでいただきたいと思うほど。

そして、源氏を支える源チャンズの存在も、この物語に花を添えています。その活躍はぜひ、本編でご覧ください。

★★★ Excellent!!!

光源氏という国文学史上最も許しがたいモテチートを、余すところなく笑わせてくれる傑作です。

等身大の現代と雅やかな平安王朝を見事に結びつけてしまうセンスの素晴らしさと抜群のギャグ!
そして、この作品は古文への深いふかい造詣と愛がなければ書けません。(まさか作者は某予備校の名物講師?

源氏物語が好きな人もキライな人も、桜井ワールドの源ちゃんなら絶対楽しいからオススメです。

ああ、紫式部に読ませたかった!

★★★ Excellent!!!

 文章はあくまでもスマートで繊細な、作者独特の言葉で綴られているのです。
 そして内容は古典で有名な源氏物語。それなのに、なぜこんなに笑えるの!? ってくらい、笑わせてもらいました。
 源氏物語を知っていて読むと吹き出すし、知らずに読むときっと本物を読みたくなるでしょう。そしてもう一度戻ってくるはず……ぷぷぷ。

 そしてきっと作者の虜になるでしょう!

★★★ Excellent!!!

源氏物語。
その主人公とは果たして、モテ男なのかチャラ男なのか。
とても魅力的な流れに、この問いかけをすっかり忘れてしまいた、本当に面白くて楽しくて素敵な内容で、思わず頬が緩んでしまいます。

作中に使わている言葉が、本当に綺麗で美しく、言葉の余韻に心が幸せになれました。ありがとうございます!

★★★ Excellent!!!

なぜ「源氏物語」は、これほど長きにわたり読み継がれているのか。
その謎に迫るべく描かれたものが、今作であります。と申しましても学術書のように、眉間にしわを寄せながら机上に向かって読み解く難しいお話ではありません。
いにしえのラブストーリーに現代ファンタジーを絡ませ、見事な一品に仕上がっております。
いつの時代でも女性を虜にする「源氏物語」も、今作のようなアレンジを施されれば、男性も引き込んでいくのではないでしょうか。
つまり、メッチャ面白いのです。
光リンと女性たちの、現代の公序良俗からすればドン引きするような愛の語らいを、ぜひご堪能ください。

★★★ Excellent!!!

源氏物語を色々に脚色した物語は多いけれど……。

なんと、現代風にアレンジして登場しました。
いや、現代なのか? 不思議な世界観です。

なにせ光る君は私設管弦楽団をお持ちで、物語を盛り上げるために各所で最適なチョイスの音楽を奏でてくれます(笑)

毎話、最後に今回使われたBGMを紹介してくれているのも楽しいです。

素敵な描写と美しい旋律と……。
お洒落な時間を過ごしたような満足感のある作品です!

★★★ Excellent!!!

源氏物語……大人であれば、受験生の頃古典で習い、苦い思い出となった方も多いのではないでしょうか。
当時の高校生には大人の恋なんて「?」だし、光源氏なんて、どっちかっていうと節操のないチャラ男なんじゃないの? という解釈も有り得たと思います。

そんなあなたも、そうでもないあなたも、ちらっと、こちらを読んで行かれませんか?

これは、ただの茶化した……いや、チャラ男化した物語ではありません。
平安時代の物語を現代に置き換え、超訳したものです。(同作者様の書かれた【超訳】【別冊】も是非!)
「藤子さんて誰だっけ」「紫子さんて(以下略)」だとか、どうして光る君は次から次へと女性を口説きまくるんだろう……などという謎にも踏み込めます。

毎回、魅力的なプリンセスが登場し、光る君と恋に落ちるのですが、登場するたびに「これは、恋に落ちてもしょうがない」と思えるようなどれも素敵な女性たちばかりで、しかも、皆、光る君のために耐え忍ばなくてはならず……ううう……

……と思えば、光る君が毎回どんどんマズいことになっていくのも見物です。
特に、明子さまのお怒りがおかしかったです。それらが綺麗な表現で描かれているのです。

こういうコメディの書き方も面白い! と、コメディ書きの私(アヤシイ……)にとっても、新たな発見になりました。
この上品な文体のコメディは、この作者さまの成せる技です。
最後までお読みいただきましたら、言い得て妙な「☆粗品 源ちゃん慣用句辞典」も是非ご覧下さい。

それにしても、この物語に楽しませてもらうたびに、原作のすごさがひしひし感じられます。
是非、大和和紀先生作『あさきゆめみし』も一緒に、こちらをお読みになると、より楽しめると思います。

★★★ Excellent!!!

日本の生んだ文学作品の傑作、『源氏物語』。光り輝くような貴人、光源氏と、彼を取り巻く美しい姫君たちとの華やかな恋の物語であることは、ほぼ全ての方がご存知のことでしょう。
この作品は、そんな「光る君」と熱い恋を繰り広げた姫君たちそれぞれのストーリーを、誰もが知っている現代のプリンセスになぞらえてコミカルに綴る、美しさと楽しさを併せ持つ物語です。古文の授業などをイメージして敬遠する必要は一切ナシ!『源氏物語』に関する知識を一切持っていなくても純粋に楽しめる、現代的な明るさやコミカルさに溢れています。

そんな雰囲気の中にも、雅な平安の都の華やかさ、殿方や姫君たちの美しさが全く損なわれていないのは、作者様の豊かな知識と高い筆力によるもの。ただ面白いだけではない、当時の風雅さやたおやかさをしっかりと感じられる作品の空気は、なんとも言えず心地よい魅力に溢れています。

永遠のプレイボーイ・光源氏と、それぞれに魅力的な姫君たちとの、色とりどりの恋。雅な世界でゆるりと解け、軽快なやり取りにクスッと笑える。そんな素敵な時間をくれる、華やかな魅力たっぷりの物語です。

★★★ Excellent!!!

1000年前の雅やかな世界と華やかな恋模様を描いた源氏物語。
清く正しく美しく、世界中の女の子の憧れ、プリンセス。
そんな誰もが知る物語が作者様の豊かな想像力と感性で繋ぎ合わされた、夢のように華やかで楽しい物語です。

源氏物語の主人公である光源氏が数多の女性と恋に落ちるストーリーは源氏物語に詳しくない方でもご存知かと思います。
彼の恋のお相手は、身分や境遇、容姿や性格が実にさまざま。
そんな彼女たちを誰もが知るプリンセスにたとえて、源氏との馴れ初めや彼女達の思い、そしてその恋の行方までをユーモアたっぷりに語る作者様の発想力にはただただ脱帽です!

親しみやすいストーリーの中に思わずクスリとしてしまうユーモアが散りばめられていますが、美しい文章表現が雅で華やかな雰囲気を作り出し、ついつい夢中で読んでしまうこと請け合いです。

ストーリーを盛り上げるBGMも紹介されていますから、ぜひその曲の雰囲気に浸りながら、光源氏の恋の遍歴を辿ってみてください(^^)

読んでいくうちに、きっと源氏物語そのものの世界にも興味が深まるはず。
でも大丈夫! そんなあなたの好奇心を十分に満たしてくれる『超訳 源氏物語』や『別冊 源氏物語』も作者様の小説リストにご用意されております♪
そちらもあわせてオススメです(^^)

★★★ Excellent!!!

源氏物語と聞いただけで無理と思う人いますよね(私も苦手でしたの)
でも、ラブコメということで恐る恐る読んでみたら読みやすいし面白かったのです。

随所随所で登場する現代的な表現に笑い、一話毎に違う昔話等が混ぜ込んだお話になっているので気になる場所から読んでも良いと思います。
恋多き光る君が告白したり、スクープされたり、怯えたりする姿を是非とも見てくださいな。

何話か読み終えた頃には光る君の魅力に面白さに虜になること間違いなしです。罪深きお人ですの光る君は。

★★★ Excellent!!!

この物語、かなりぶっ飛んでます。(←良い意味で)

かの有名な光源氏の物語なのですが……、さまざまな有名プリンセスを口説きまくっています。

高級な牛車に乗ったり、有名な告白のセリフを吐いてみたりと、もうやりたい放題です!

ベースの光源氏がありつつ、パロディ要素を詰め込んだラブコメ作品です。

1話完結型でサクッと読めます。
もちろん古典が苦手でも大丈夫です♪

★★★ Excellent!!!

源氏物語といえば、恋多き麗しの光源氏の物語。
そのロクデナシが好き勝手やった所為で、一体どれほどの女君が涙を流したことか。
思い悩むだけならまだマシな方。
中には思い詰めすぎて生き霊になってしまった方や、取り殺させた方までいらっしゃるのです。
そんなめくるめく愛の物語。
いえ。おどろおどろしい愛憎渦巻く物語。
それをおっとりお上品な語り口で届けてくださるのがこのお話。
馴染みのある昔話やお伽話に絡めつつ、要所はしっかりと押さえていらっしゃいます。
そして恐ろしいことに、
「光源氏なんて大っ嫌いだー」
という私の持論が覆されようとしています。
(只今オーロラ姫まで来たところ)

古典はちょっと苦手、というあなたにも是非。
こちらに触れて興味を持たれたら、同作者さまが書かれている【超訳】【別冊】源氏物語を。
もっと知りたい! と思われたら、有名漫画や現代語訳もございます。
気が付いたら古典が得意になっているかも?

★★★ Excellent!!!

ラノベで読める源氏物語。
こんなにも御作者様の笑顔が伝わってくる作品が他にあろうか。
きっと机に向かうなり、コーヒー片手にきゃあきゃあとはしゃぎながら執筆なさっていらっしゃるのだろう。
……ああ、見える。御作者様の頭の中で、グラサンにエナメル靴のすかしたイケメンが好き勝手に可愛い子を見つけては口説きまくっている姿が……。
そしてその様をミタさまとして書きなぐる御作者様のお姿が……。

素晴らしい文学を、ドラマを。高尚で繊細な表現で書かれるその地力。
そんな方が書かれた作品だからこそ、狙って書かれた平易な表現がぐっと引き立つ。
親しみやすくてクスリと笑えて、何よりも楽しく書かれていらっしゃる気持ちがひしひしと伝わってくる源氏物語。
是非ともその妙なる世界への導入に、御作品を選んでいただきたい。