O.A.3: 殺鬼丸さん再び

 はい、どんどんお便りいきますよ。次は、ペンネーム殺鬼丸さん。おお、ジェイソンもどき執事の人ですかね。ご主人様は元気にしているのかしら。リピーターさん初なんで嬉しいですね。お手紙ありがとうございます。では早速中身に。


 ”リンコさん、こんばんは。”

 はいこんばんは。


 ”『ラジオ★ミッドナイト』という作品に⭐を入れることが出来ました。え、ご主人様ですか?彼なら私の椅子になっています。新しい扉を開いたみたいですね。”


 椅子?それはそういう……それこそ深夜で語り合う感じのものなんでしょうか?アダルティなやつは闇川さん以来ですね。なんだか今回は久しぶりなものが多いです。ま、あれはリンコが勝手に言ってただけですが、今回は本気で椅子になってますね。わー、ご主人様どうしたんですか。大丈夫ですかそれ。扉開いちゃってよかったやつですかね?


 殺鬼丸さん、チェーンソーで壁に穴開けて道無き道、ならぬ扉無き新たな扉を作っちゃった感じですか。それは星をもらった誰かは喜ぶかもしれませんけど、一番大事にするべきご主人様を葬るのはよくありませんよ。主人に仕えるのが執事たるものだと思いますが。ま、リンコはメイドになったことないんで分からないですけどね。


 ”そして今回の相談ですが、ご主人様がご主人様で無くなったので、新たなご主人様を探していますが、なかなか見つかりません。効率の良い見つけ方を知っていれば教えて下さい。”


 それは逆にご主人様をまともな人間に戻してあげればよくないですか?ほら、さっきも言ったけど、ご主人様カムバックさせて、元の威厳のある良い感じの人にしてあげれば良いんじゃないでしょうか。まあ、元に戻るのに時間がかかるようなら、ご主人様の奥さんにでも仕えておいたらどうでしょう。


 ”P.S

 先日、渋谷で歩いているリンコさんを見かけて、反射的にレッグラリアートを入れて逃げ去ったのは私です。

 遠くのスターより触れ合い可能な身近な横綱アイドル。

 いいですね。”


 お前かぁぁぁぁぁぁ!いや、思わず叫んでしまいましたけどね、痛いですよレッグラリアート。しかもそれこそ通勤途中ですよ。リンコ今もまだ顎痛いし喋るの実は辛いんです。どうしてくれるんですか。もー、殺鬼丸さんひどい。ってか乙女の顔に向かってそれはないです。え、もうそんな歳じゃない?知ってるよ。そしてリンコはどうせ乙女ってタイプでもないですよ。だけどひどい!触れ合い可能な身近な横綱アイドルってそりゃ脂肪があって触りごごちが良さそうだろうし実際にいいのは認めます。でも殺鬼丸さん、触れ合いっていうのは殴り合いとは全く別物ですよ。私たちがやったのは、殴り合いとかそれこそ殺し合いみたいなのに入る類です。


 ……やっぱチェーンソー持ってる設定は、殺し屋系執事という意味で意外とあってたのかもしれないですね。言葉って恐ろしい。反射的に、というところがまたおぞましいですよね。普通さ、反射的に人にレッグラリアートを入れてみよう、とか入れてみたい、とかって思わないと思うのよ。リンコは思いません。よくないですよそういうの。誰かをボコって警察に捕まりたくなければ、もっと渋谷じゃなくて人気のないところでやりましょう。お気をつけて。


 殺鬼丸さん、とりあえずご主人様を早く見つけてください。元の人でも新しい人でも良いですよこの際。誰かにこのジェイソンの手綱をきっちり握ってあげて欲しいです。そうじゃないとリンコが外出できなくなる。あ、ここで良いよ。ラジオにて、お手紙、またチェーンソー携えたドS執事を養ってくれる方、募集してます!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます