転生した先は昔作ってた自作RPG(未完・黒歴史)の恥ずかしい世界だった

作者 お竜

15

5人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

痛い。痛い。兎に角痛い。
ストーリーが痛いのではなく、読んだ事により自分の黒歴史が掘り起こされ、自分の胸とか頭とかが痛くなる。
ああ、思い出したくない、思い出したくないよ!
でも、読まずにはいられない。
読んでニヤニヤさせられるよ!

ある一定年齢以上の人は、これ読んで黒歴史掘り起こされて痛がりつつもニヤニヤするよ。
間違いない。

さあ、キミも黒歴史を発掘させられようではないか!!

★★★ Excellent!!!

昔結構ブームになりましたよね『RPGツ○ール』
それで頑張って「途中まで」作ったゲームの世界に強制的に拉致られるという、超羞恥プレイなお話です。
それにしても主人公の冷静なツッコミに毎回ニヤニヤしました。
当時の若い(黒歴史な)自分にあれだけツッコミを入れられるとはなかなかだと思います。

★★★ Excellent!!!

この私のタイトルでは何を言ってるのかわからないと思いますが、読めばわかります。情報詰め込み過ぎました。多分来月あたりにこの自分のレビュー見て「あん時のオレ、死なないかな……」って言うんです。そんな物語です。最高です。笑いすぎて腹痛いけど、別な場所も痛いです。

★★★ Excellent!!!

痛々しい廚二病全開の凝りまくった設定の数々……。
子供時代にゲームに熱中していた人ならば、誰しも通る道ではないでしょうか。
それが大人になって蘇ったら……もう、死にたくなるほど恥ずかしいですね。

これでもかとばかりに繰り出される痛い設定に笑いつつも、自分の身を振り返り、悶える。
そんな自虐的な楽しみを提供してくれる作品です……痛い痛い、もうやめてー。